エンジニア転職応援サイト/社内SEとSIerの比較

このエントリーをはてなブックマークに追加   

社内SEとSIerの違いは何か?

SIerについて

Sler

やりがいについて

さまざまな業界や企業のシステム開発を行うことが出来るので、業務経験を積んでいくごとにSEとしての知識や技術を向上させることができる。

 

ユーザーとの距離感

システム開発を主な業務としていても、システム部門の担当者と直接会って話をするということはあります。しかし、上流工程やカスタマーサポートで業務を行っていると、ユーザーとの距離が近く、直接関わる機会も多くなるでしょう。

 

業務量

社内SEに比べるとSlerの業務量は多いと言えるでしょう。多い業務の中で、納品直前にトラブルが発生してしまった場合には、納期を間に合わせるためにも、普段以上の業務をこなさなければならないこともあります。しかし、依頼がない時やプロジェクトが終了したときには、研修などを行うというゆったりとした業務となることもあるのです。忙しいときもあれば暇なときもある、良いように言うとメリハリのある職場であるのです。

 

スキルアップ

Slerにはさまざまなプロジェクトが舞い込んできますので、プロジェクトごとに必要な言語や業務環境も異なり、そのなかでシステムの構築を行うことになります。プロジェクトのたびにやる気を出して取り組めば、幅広い知識や技術を習得することが出来る可能性もあるのです。プロジェクトにもさまざまな期間がありますが、長期的なものや運用と保守のみのプロジェクトを任された場合は、習得出来るものも少ないかもしれません。

 

年収

その方の持っている知識や技術、プロジェクトでのポジションによっても年収は変わってきます。また、残業代があるかないかによっても大きく年収は変わってきます。

 

社内SE

社内SE

やりがいについて

プロジェクトごとにクライアントが変わってしまうSIerとは違って、同じ環境でずっと業務に取り組めますので、責任感ややりがいをより感じることが出来るのです。

 

ユーザーとの距離感

社内SEのユーザーは、同じ会社に働く同僚や先輩ですので、距離感がとても近いと言えるでしょう。また、システムを利用して仕事をしている社員と日々コミュニケーションを取るのも大事な仕事です。自分が勤めている会社のシステム開発を行うので、現場で自分が働いているという気持ちを持つことが出来ます。しかし、ユーザーとの距離感が近いということは、トラブルが起こったときにすぐに呼び出されるということもあるのです。

 

業務量

システム開発を行うだけで終わりではなく、メンテナンスやユーザーからの問い合わせにも対応をしなければなりませんので、業務の量はとても多いと言えるでしょう。

 

スキルアップ

自らがシステムの構築から管理、調整などを行うことが出来るので、SEとしての技術を習得しやすい職場環境であると言えるかもしれません。また、多くの人と関わりを持つことで、コミュニケーション能力を高めることも出来るでしょう。

 

年収

30代の間は、IT業界で働く同年代よりも年収が低い傾向にあります。社内SEは、管理部門に所属することが多く、業績によって昇給をすることがありませんので、自分の昇給ペースが適正であるかが判断しにくいということもあるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る