エンジニア転職応援サイト/社内SEの転職

このエントリーをはてなブックマークに追加   

金融系の社内SEは高待遇だが狭き門

エンジニア転職

金融系の社内SE求人は、大手ほど新卒採用が多く、転職で狙うとなると、IT系企業や他の業種の社内SE求人に比べて狭き門となっているのは確かです。仕事は激務といっていい場合もあるようですが、その分待遇にも反映されており、銀行への転職を成功させたシステムエンジニアの満足度は概して高いです。
狭き門とはいえ、銀行からも独立、転職するエンジニアも一定数いるため、経験者の求人はあります。あまり年令が高くなる前に転職することが望まれますが、職務経歴書や面接において、はっきりと能力がわかるようにスキルと経験をアピールすることで、転職の成功率はあがります。

 

必要とされるスキルや経験があれば転職に有利

スキルは幅広く、深く持っていたほうが有利です。逆にシステム運営と保守しか行ったことがないとなると厳しくなってきますので、銀行のシステムエンジニアへの転職を視野にいれているなら、開発とインフラ整備の経験を着実に積みましょう。顧客管理をはじめとして、データベースに関する知識は必須です。インターネット取引に関するシステムやアプリの開発経験、さらに語学力があればかなりの強みになります。新卒採用の銀行内システムエンジニアの場合、TOEIC受験が課されていることも珍しくないので、時間を使って語学力を身につけておきましょう。もちろんTOEICの点数があればアピールになります。グローバル企業での業務を希望している方にとっても、銀行は魅力的な職場です。

 

転職が厳しいとはいえ、金融系の経験があればまた話は違ってきます。ただし、金融系社内SEの仕事というのはチームが大きく、業務が細かく分業化されていることも多いので、求職条件にあったスキルを自分が持っていない可能性もあります。求職情報は熟読すること、もし自分で判断することに不安があれば、金融系システムエンジニア転職に強い転職サービスなどを利用すると間違いがないと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る