エンジニア転職応援サイト/社内SEの転職

このエントリーをはてなブックマークに追加   

様々な転職先での社内SEの求人を集めてみました

このエントリーをはてなブックマークに追加   
SEOというのは、Search Engine Optimizationの略で、サーチエンジン最適化と訳されます。簡単にいえば、特定のワードの組み合わせでGoogle等のサーチエンジンを使って検索を行ったときに、自分のサイトが検索上位に表示されるように、サイトを最適化すること。当然、サイトを通じてのコンバージョンが大きくなりはじめた頃からでてきた職種なので、業種としての歴史は浅いです。SEO業者は大...
アパレル業界で働くというと、誰もが接客業をイメージされると思います。システムとアパレルは無関係のように思うかもしれませんが、アパレルのような小売業では、IT化がどんどんと進んできているのです。IT化を進めようとしているアパレル企業のショップにインフラを整えていくのがアパレル業界の社内SEの仕事内容なのです。アパレル業界の社内SEの主な仕事内容は、販売の詳細や顧客のデータを管理することです。これは、...
保険業界もここ数年で大きく様変わりをしてきています。フランチャイズ店を展開したりと、店舗数をかなり増やしてきているのが、ここ数年の保険業界の傾向なのです。店舗数をどんどん増やしていくということは、それだけ業務が複雑化しますので、システムのバージョンアップや新しいシステムの開発が必要になってきます。ですので、エンジニアには発想力とスピード力が必要となってくるのです。保険業界で働くエンジニアは、自分の...
もの作りをしているメーカーの社内SEは、自社向けの情報システム開発を行うのが主なお仕事になります。出来るだけ少ない人数でFA生産システムの開発を行うのが重要な任務となります。出来るだけ省力化をして人件費や経費の削減、時間の短縮を目的として情報システムを作り出していく能力が求められます。具体的には、製造ラインがそれまでに15の工程あったとします。それを10工程で行うことが出来るならば、製造に必要な機...
金融系の社内SE求人は、大手ほど新卒採用が多く、転職で狙うとなると、IT系企業や他の業種の社内SE求人に比べて狭き門となっているのは確かです。仕事は激務といっていい場合もあるようですが、その分待遇にも反映されており、銀行への転職を成功させたシステムエンジニアの満足度は概して高いです。狭き門とはいえ、銀行からも独立、転職するエンジニアも一定数いるため、経験者の求人はあります。あまり年令が高くなる前に...
医療関係は社内SEの求人が多い分野です。プライベートでは患者の目線で、病院がここ数年でみるみるネットワーク化されていくのを目にしているのではないかと思いますが、製薬業界でもそれは同じです。製薬会社は経営が比較的安定しているところが多いので、1カ所でじっくりと仕事にとりくみたいというエンジニアにはおすすめです。外資系企業も多いので、外資系で社内SEをしたいと考えているエンジニアにも人気の転職先となっ...
社内SEとして転職を考える場合、IT技術を取り入れている企業は多いので比較的仕事が見つかり易いと言えます。エンジニアとして総合商社への転職を考えている人もいるでしょう。商社における社内SEの役割について説明します。まず商社には総合商社と専門商社とがあり、総合商社はその名の通り取り扱う品目が非常に多い商社のことです。一つの企業で幾つものカテゴリの商品を取り扱うので、部門によっても専門性が全く違います...
現在は病院でも電子化が進んで、ホームページやカルテ、レセプト業務に関しても電子化が進んでいます。こうしたシステムがないと、もはや病院業務が正常に行えない時代に来ています。病院も大切な情報を多く扱う業種であり、個人情報などのプライバシーに関わるという意味では、金融や証券関係のSEと同じく、セキュリティ関係に強いSEを雇い、外注ではなく、社内で仕事をするタイプのSEが多いようです。医療関係の求人は給与...
中小企業だけではなく、地方の中小企業や社内の年齢層が高い会社では、総じてパソコンに詳しい人が少ないケースがあるため、中小企業でSEとして働くということは、社内のネットワーク管理やパソコンのセットアップ、教育など、何でもやる必要があります。例えば、自分の周りが全員パソコンに詳しくない人たちばかりで、自分しか知識のある人間がいなかった場合、自分一人ですべてのパソコン関係の問題を解決していかなくてはなり...
最近注目が置かれているのは、「物流系の社内SE」です。物流業界は余裕が出てきている会社も多く、現況は投資などにも力を入れている会社があったりします。物流はPOSシステム、CRMなどのIT関係のシステムを取り入れてきた業界です。トレーサビリティを呼ばれる、ICタグなどを利用したシステムなども導入していたり、安全性重視の技術・応用力が必要な世界ですので、そこで働くSEも、専門知識を持つのは当然として、...

このページの先頭へ戻る