エンジニア転職応援サイト/社内SEに必要な資格はあるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

社内SEになるために必要な資格はあるのか?

社内SEになるための資格

社内SEは、人気の職業、転職先として注目されつつありますが、その業務内容は通常の「ITエンジニア」とは若干異なります。社内SEは社内のシステム管理における全般を担います。企画、開発、保守、管理、運営などのとにかくすべてです。社内システムのスペシャリストということになります。ですから、ITエンジニアのように、プログラムを組む「だけ」というような、何か一定の仕事にだけ特化、ないしは集中していればいいというわけではないのです。

 

以前はこれらの仕事を外注に出していた企業も少なくありませんでしたが、近年はネット社会化が進み、ネットと会社の運営や経営は切り離せなくなりつつありますから会社の中にそのスペシャリストの席を作る会社も増えてきました。とはいえ、社内SEのポストはそこまで多くありません。欠員が出れば募集がかかりますが、転職先としてかなり競争率が高い職種になっています。

 

取得しておきたい資格

社内SEとして採用されるために、不可欠な資格というものはありません。入社試験の段階で資格を持っていなくても、新卒・未経験者として社内SEに採用されるという場合もあるのです。

 

しかし社内SEに確実になるため、また、仕事をこなしていく上で取得しておいた方が有利な資格がいくつかあります。まず、「情報処理技術者」の資格です。情報処理に必要な知識が試されるもので、SEとしてやっていくには、いずれにしても取ることになるでしょう。それから「ネットワークスペシャリスト」という資格があります。こちらも、情報システムの企画や開発、運用、保守にかかる能力を認定するものです。また、「システムアナリスト」という資格もあり、これはシステムやプロジェクト支援に関する結果を評価する資格者のためのものです。他にも情報システムの調査や評価に関しては「システム監査技術者」という資格が、主にセキュリティに関する分析や見直しを行う「情報セキュリティスペシャリスト」などがあります。これらについて勉強・取得をすると、社内SEとしてはかなりのスキルアップに繋がるでしょう。

 

勿論、年齢や社内でのポジションなどによって、必要なスキルというのは異なってきます。それに合わせて自分もスキルアップしていくということは必要でしょう。例えば、英語力などは、外資系・金融系の社内SEとしては優位に働くスキルと見てよいです。それに、30代を過ぎて管理職・リーダーなどの役割を担うようになりますと、情報システムやネットワーク、セキュリティに関することだけでなく、コミュニケーションやマネジメントに関する技能も問われるようになると思います。
こういったことに関しては、資格として勉強や取得をするというより、経験がモノを言ったりします。社会性や人間性というものが問われますし、時には対人、対作業、対時間などのあらゆる局面で忍耐力を試されることも出てくるのです。

SEというと、とりあえずパソコンに向かってプログラミングが出来ればいいというように思われがちですが、それに関わる技術的な資格を持っていれば務まるということではなく、社会人としてのあらゆる能力が必要とされるという風に考えておいた方がよいでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る