エンジニア転職応援サイト/社内SEへの転職で変わる立場

このエントリーをはてなブックマークに追加   

社内SEへの転職で変わる立場

発注される側から発注する側へ──人気の社内SE

社内SEは、企業の情報システム部などで自社のためのシステム開発を担当します。通常のSEが「発注される側」であるのに対し、社内SEはいわば「発注する側」。このドラスティックな転身により、エンジニアからの人気が高い職種となっています。

 

発注される側、たとえばSIerのように顧客の発注に応じてシステムを開発する場合、エンジニアとエンドユーザーにはあまり接点がありません。一方、社内SEにとってユーザーは同じ社内の同僚たちですので、その声をじかに聞くことができ、その点にやりがいを感じるエンジニアも多いものです。ほかに社内SEの魅力としては、自社の要望や課題に応じるべく企画段階から開発に係わることができたり、開発メンバーと一体になって開発を進める楽しさが挙げられます。また、社内SEに転職して企業に入ったエンジニアからは、SIerのころと比べて残業が減ったことをよろこぶ声も聞かれます。

 

業務の現実を踏まえて適性を見極めよう

 

社内SEに魅力を感じるエンジニアは多いですが、事前のイメージと現実とのギャップに戸惑う方も少なくありません。社内SEの日常業務は、システムの保守および運用が大半を占めます。企業がシステムを一新するでもない限りは、PCのセットアップやシステムに関わるクレーム処理など、地味な仕事に終始することが多いものです。

 

開発の機会が少なくなることで、最新の技術に触れる機会も減ります。一方で、人の折衝能力や予算およびスケジュール管理の能力などが要求されることになります。社内SEへの転職を考える際には、ご自身の適性や将来の方向性をよく見直すことが大切になるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る