エンジニア転職応援サイト/社社内SEへの転職のポイントとは

このエントリーをはてなブックマークに追加   

社内SEへの転職のポイントとは

業務知識・予算管理能力・対人スキルが必要

 

社内SE転職のポイント

中小企業を中心に、IT関連の投資は増加する傾向にあります。それに付随して社内SEの需要も高まってゆくと考えられますが、人気の職種なので、応募者に要求されるスキルは低くありません。社内SEを求める企業のほとんどは、それぞれの業種の業務知識を要求することが多いものです。システムを構築し、運用してゆくために、業務フローに充分な理解が必要なのは当然ですし、業種それぞれの専門知識や慣習に詳しいほうがよいことも事実です。

 

さらに、社内SEには予算管理能力などを持つ人材であることも望まれています。発注先からの見積書を精査して料金交渉をする場面では、ベンダー側の立場でつちかった予算管理能力が活かされるからです。また、発注先との折衝や社内スタッフとの調整などでは、対人スキルが求められます。

これら要求される資質を総合すると、社内SEの採用ニーズが高い人材とは、クライアントとの打ち合わせからシステムの開発、見積の作成、料金の交渉に至るまで、一貫した業務の経験を持つ人材だと考えてよいでしょう。

語学力が要求されるケースも

社内SEでも、海外進出に積極的な企業や、外資企業と合併などをした企業に勤務する場合、英語力が求められることが増えてきました。英語が得意な方であれば、社内SEとして勤務できる企業の選択肢が増え、より好条件での転職に成功する可能性が高まります。また、資格もプラス材料となります。業務に直結する二種証券外務員資格や、ITベンダーの資格があれば、より転職に有利となるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る