エンジニア転職応援サイト/社内SEキャリアプランをしっかり立てる

このエントリーをはてなブックマークに追加   

キャリアプランをしっかり立てる重要性

キャリアプランをしっかり立てる

社内SEからSIerに転職することは、通常、簡単ではありません。社内SEは業務の過程で技術的な知識が常に更新されてゆきますが、SIerになるとそうしたシステム開発の環境から遠ざかってしまうからです。結果、ふたたび社内SEに戻ろうとする例が多いのですが、皮肉なことに、社内SEの求人には、社内SE経験者を募集するケースがあまりないため、再転職も困難です。さらに収入の面で見ると、SIerから社内SEに転職すると、年収は下がることが多いです(一部の大手企業は除く)。

 

このようなリスクもありますので、転職を考える場合には、ご自身の将来のキャリアプランについてよく熟慮した上で決断されたほうがよいでしょう。

 

エンジニアとしての意識を高めておこう

社内システムの戦略的な整備は、いまやどんな業種の企業でも事業の成長に不可欠となっています。社内SEは、システムの面から企業の成長を支えているわけです。この重大な役割を果たすために、日頃から気をつけたいのは、自社が抱えている問題を見極めることと、業界および経済の情勢をよく把握しておくことです。その上で、自社の成長に必要なシステム戦略を計画してゆきましょう。

常に技術と企業経営を俯瞰する視点を持ち、エンジニアとしての意識が高い人材は、優秀なSEとして転職先でも活躍できるでしょう。転職を成功させるためにも、日頃から意識を高めておくようにしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ

キャリアプランをしっかり立てる/エンジニア転職ランキング関連ページ

社内SEとSIerの違い
社内SEに必要な資格
社内SEへの転職プラン
社内SEの立場
社内SEの転職ポイント
人気の社内SE求人特集

このページの先頭へ戻る