エンジニア転職応援サイト/社内SEの転職

このエントリーをはてなブックマークに追加   

今、社内SEに求められているもの

社内SEを目指す

ここ数年、需要も人気も高まり注目をされている職種が、社内SEという職種です。社内SEが人気になっていることから、今までSEとして働いて来られた方が、社内SEに転職をしようと考えられていることも多いようです。社内SEへ転職を決める前に、社内SEにはどういったことがもとめられるのかを知っておく必要があります。社内SEは、システムの企画から開発、運用といったさまざまな業務を任せられることになります。システム全てに関わることが出来るということを理由に転職をしたいと思われる方も多いようですが、企業によってはその願を叶えられないこともあるようです。

 

社内SEとは

社内SEは、基本的には企業の情報システムを担う部署に所属しています。そして、その企業の全てのシステムに関わる業務を任されることとなります。社内SEは、エンジニアの中でも人気のある職種です。しかし、社内SEの求人募集はとても少なく数に限りがあるのです。したがって、転職をしたくてもなかなか難しいと言える職種ということになるのです。社内SEの求人は、景気によって左右されるということはありません。ITエンジニアは、企業がシステムにかける経費を減らしているようなときは仕事が来なくなります。ですので、不景気の時には必然的に需要も少なくなるのです。逆に景気が良くなれば、システムにかける経費も増やすことが出来ますし、また新たなシステムを構築する企業も増え、ITエンジニアに任せられる仕事の量も増えて行くのです。したがって、必要とされるITエンジニアの数も多くなり、需要も高まるのです。

 

社内SEを目指す

社内SEは、ある程度人数が決められていますので、欠員が出れば募集を掛けるという形になります。ですので、景気や不景気に左右されることがないのです。社内SEに求められることは、企業内のITシステム全てを担わなければならないということなのです。ITエンジニアに任せられる業務は数多くありますが、社内SEは業務を分担して1つの業務だけを行えばいいというわけではありません。企業内の社内SEが行う全ての業務を把握しておく必要がありますし、それに関する知識や技術も持っておかなければなりません。社内システムの企画や開発以外にも、そのシステムを保守したり運用をしたりする業務も行うことになります。それ以外にも、企業の社員に対してシステムを利用する際のアドバイスを行ったり、疑問や質問に答えるというのも社内SEの大事な業務となります。
このエントリーをはてなブックマークに追加   

社内SEの転職/エンジニア転職ランキング記事一覧

SIerについてやりがいについてさまざまな業界や企業のシステム開発を行うことが出来るので、業務経験を積んでいくごとにSEとしての知識や技術を向上させることができる。ユーザーとの距離感システム開発を主な業務としていても、システム部門の担当者と直接会って話をするということはあります。しかし、上流工程やカスタマーサポートで業務を行っていると、ユーザーとの距離が近く、直接関わる機会も多くなるでしょう。業務...
社内SEは、人気の職業、転職先として注目されつつありますが、その業務内容は通常の「ITエンジニア」とは若干異なります。社内SEは社内のシステム管理における全般を担います。企画、開発、保守、管理、運営などのとにかくすべてです。社内システムのスペシャリストということになります。ですから、ITエンジニアのように、プログラムを組む「だけ」というような、何か一定の仕事にだけ特化、ないしは集中していればいいと...
社内SEからSIerに転職することは、通常、簡単ではありません。社内SEは業務の過程で技術的な知識が常に更新されてゆきますが、SIerになるとそうしたシステム開発の環境から遠ざかってしまうからです。結果、ふたたび社内SEに戻ろうとする例が多いのですが、皮肉なことに、社内SEの求人には、社内SE経験者を募集するケースがあまりないため、再転職も困難です。さらに収入の面で見ると、SIerから社内SEに転...
社内SEは、転職希望者が多く出てきて競争率が高まっている職種です。そして実際に求人もあることにはあるのですが、それをはるかに上回る応募者がいるため、競争率は高い状態を維持し続けています。人手が求められているのも事実なのですが、転職者主体でなかなか条件の良いところへ転職するのは難しい現状がありますね。しかし実際に転職を成功させている社内SEもいるわけですから、そこにはなんらかの「成功の糸口」があるは...
発注される側から発注する側へ──人気の社内SE社内SEは、企業の情報システム部などで自社のためのシステム開発を担当します。通常のSEが「発注される側」であるのに対し、社内SEはいわば「発注する側」。このドラスティックな転身により、エンジニアからの人気が高い職種となっています。発注される側、たとえばSIerのように顧客の発注に応じてシステムを開発する場合、エンジニアとエンドユーザーにはあまり接点があ...
業務知識・予算管理能力・対人スキルが必要中小企業を中心に、IT関連の投資は増加する傾向にあります。それに付随して社内SEの需要も高まってゆくと考えられますが、人気の職種なので、応募者に要求されるスキルは低くありません。社内SEを求める企業のほとんどは、それぞれの業種の業務知識を要求することが多いものです。システムを構築し、運用してゆくために、業務フローに充分な理解が必要なのは当然ですし、業種それぞ...

このページの先頭へ戻る