エンジニア転職応援サイト/ネットワークエンジニアの求人状況について

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ネットワークエンジニアの求人状況について

ネットワークエンジニアの新卒の求人について

ネットワークエンジニアの新卒求人状況

ネットワークエンジニアの新卒の求人の現状はどのようになっているのでしょうか。ネットワークエンジニアは、経験がとても重要な職種ではありますが、最近では新卒も積極的に採用を行っているようです。ネットワークエンジニアの仕事内容は多岐にわたるのですが、パソコンのネットサーフを行っているような作業であっても、運用や監視の業務を行っている場合は、ネットワークエンジニアの仕事をしていることになるのです。運用や監視程度の作業であれば、ネットワークの知識やスキルなどを身につけているだけで大丈夫ですし、これらの知識やスキルはOJTで身につけられるでしょう。こういった簡単な作業が業務の場合は、スキルアップのために資格取得を目指して、仕事をしながら練習を積むということが出来るようになっているところが多いようです。

 

初歩的な作業の間に知識を積んで

運用や監視の業務を行っている際にトラブルが起きてしまうようなことはそこまで多くなく、トラブルが起きてしまっても、マニュアル通りに決められた作業を行って、それでも解決しない場合は、もっと技術を持ったエンジニアに作業を任せるというようになっています。運用や監視程度の業務を任されているのであれば、報告書を書くエクセルやワードの使い方を覚えたり、業務日誌を作成するための知識が必要になるくらいです。このような作業は、研修期間に任せられることが多く、ネットワークエンジニアの研修期間は長期間になります。仕事をしながらネットワークエンジニアとしての知識や技術を覚えていくことが出来るので、新卒者も積極的に採用しやすい環境となっているのです。運用や監視の作業は、体力的な面も必要になりますので、新卒の若手社員の業務としては最適なのです。また、運用や監視といった業務は、ネットワークエンジニアとして成功するためには欠かせないスタート業務ですので、新卒の社員は経験をしておいた方が、ネットワークエンジニアとしての今後にもきっと役立つことになるでしょう。ただし、大学などに在学中に、ネットワーク系の試験を受けて資格などを取得していれば、ある程度のネットワークエンジニアとしての知識や技術を持っていますので、運用や監視の業務を行う期間を短くしても大丈夫でしょう。ネットワークエンジニアとしてステップアップするには、採用をされて実際にネットワークエンジニアとして働きだしてからのやる気が重要になってくるのです。

運用や監視といった業務は、誰にでも出来るような簡単な業務ですが、その業務期間内にネットワークエンジニアとしてどのような努力を行うかが、今後のネットワークエンジニア人生を左右することにもなるのです。

 

ネットワークエンジニアの第二新卒の求人について

ネットワークエンジニアという職種では、第二新卒の方も積極的に採用をしています。第二新卒といっても、前職がネットワークエンジニアである必要はありません。前職が他業種であっても積極的にネットワークエンジニアとして採用を行っているようです。その理由としては、ネットワークエンジニアを採用している企業の多くが、OJTなどの研修・教育システムを導入しているため、ネットワークエンジニアとしては未経験であっても、研修・教育システムを通して徐々に業務を覚えていくという形を取っているのです。ですので、未経験者であってもネットワークエンジニアになりたいという気持ちさえあれば、採用をしてもらえることもあるのです。転職を行う際に、採用者側が重要視するのは志望動機です。ネットワークエンジニアなどのIT系の業界では、30代以下若い年代の場合は、やる気やネットワークエンジニアとして働きたい想いがあれば、採用をしてくれることが多いです。ネットワークエンジニアの採用は、比較的簡単なように思われるのですが、それにも関わらず採用をしてもらえないという方もおられます。そういった方には、それなりの理由があると思って下さい。

 

志望動機、自己PRでは熱意をアピール!

第二新卒でネットワークエンジニアを目指す

まず志望動機ですが、ネットワークエンジニアとして働く動機が曖昧であったり、やる気を感じられない場合は、採用してもらえない可能性が高いです。また、自己PRが上手く出来ていない場合も、採用をしてもらえない可能性があります。ネットワークエンジニアという職種は、志望動機というものを採用の基準としてとても重要視しています。ですので、ただ単に話をするのではなく、端的に自分がネットワークエンジニアとして働きたい理由を話す必要があるのです。そのためには、ネットワークエンジニアという職種がどのような業務内容でどのように自分がステップアップをしていこうとしているのかを、事前に考えておく必要があるでしょう。第二新卒の方の場合は、前職を短期間で離職をしているというマイナス面がありますので、採用者側はまた同じように短期間で離職されてしまうのではないかという不安を抱えています。採用者側にそのような不安を持たせないようにするのも、採用へと繋がるポイントなのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る