エンジニア転職応援サイト/ネットワークエンジニア

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ネットワークエンジニアの様々な仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事内容

仕事探しの際、面接の志望動機で困ってしまうことがありませんか。それはエンジニアという業界で仕事をしたことが無い人は、抽象的にしか仕事の内容が見えていないからという事が考えられます。そして企業が求める人材像がぼんやりしてしまいます。そこには「ネットワークエンジニア」の仕事に色々な内容があることにも理由があります。

 

ネットワークエンジニアとは

「ネットワークエンジニア」の仕事はコンピュータシステムの設計、プログラミング、運用、保守と多岐に渡ります。はじめに「ネットワークエンジニア」と聞いて大体の人はシステムの設計、プログラミングなどの仕事を想像するのではないでしょうか。でも、こういったものはもっと経験を積んでから携われるものです。入ったばかりのネットワークエンジニアはまずは運用、監視、保守などを任されることが多いです。修正やトラブルの対応そういったものから徐々にコンピュータのエンジニアとしてキャリアアップします。

 

普通、ネットワークの運用、保守、監視といった仕事は大きなネットワークの知識を必要としないところからのスタートになります。監視業務は深夜に決められたことをするだけでネットワークの知識は必要がない場合もあります。せっかくの資格も無駄になってしまうかもしれません。そして、運用、保守には構築後の維持、メンテナンスのみではなくハードウェアの交換などエンドユーザーの対応があり流動的な作業になります。企業においては、なるべく費用をかけたくない部分ですので少ない人数で任されることがあります。もしかしたら、ひとりで担当することになるかもしれません。しかし、実際に1人でこれらすべてに適応出来るようになるには相当のスキルが必要になります。顧客に対してネットワークの提案をしたりネットワークシステムの設計をすることはハイレベルな仕事だと言われています。日本の場合、完全分業の傾向があるので、徐々にステップアップするという段階を踏まずに、いきなり配属されてしまうことも少なくないようです。

 

ネットワークエンジニアの転職

もし、今「ネットワークエンジニア」としてしっかりとした知識もスキルもあるのに会社の評価が自分と合っていないと思っている人がいるのならキャリアアップの為に、転職を考えてみてはいかがでしょうか。最近は「ネットワークエンジニア」を対象の無料支援サービスも便利なものも現在は存在しています。今の自分の適正評価を知るためにも市場での自分の評価を知るために是非利用してみてはいかがでしょうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ネットワークエンジニア/エンジニア転職ランキング記事一覧

ネットワークエンジニアの新卒の求人についてネットワークエンジニアの新卒の求人の現状はどのようになっているのでしょうか。ネットワークエンジニアは、経験がとても重要な職種ではありますが、最近では新卒も積極的に採用を行っているようです。ネットワークエンジニアの仕事内容は多岐にわたるのですが、パソコンのネットサーフを行っているような作業であっても、運用や監視の業務を行っている場合は、ネットワークエンジニア...

このページの先頭へ戻る