エンジニア転職応援サイト/運用管理エンジニアの転職状況

このエントリーをはてなブックマークに追加   

運用管理エンジニアの転職状況

一概にエンジニアと言っても、業務の幅は多岐に渡ります。システムを安定的かつ効率的に運用するための管理をメイン業務としているエンジニアが、運用管理エンジニアです。

 

システムダウンは大きな損失につながることも

運用管理エンジニアの転職状況

現在の工場生産システムにおいては、24時間フル稼働のオートメーション化を導入しているところが多くなってきました。また、企業のメインフレームにおいても、ネットワークの基点となるサーバーにしても、コンピューターは常に24時間体制で稼働し続けています。人間であればこのような業務はとてもできそうにありませんが、コンピューターであれば24時間どころか1年間休みなしで稼働し続けることも可能です。

 

一見システマチックで人間の介入する余地などなさそうなものです。しかし、実際の現場ではコンピューターのプログラムに存在するバグによってシステムが停止したり、コンピューター自体の物理的な故障によってハングアップしてしまうことは日常茶飯事です。こうしたトラブルに対応するためには、やはり人間の手が必要になります。トラブル発生時の迅速なシステム復旧に加え、システム全体の稼働率を高め、トラブルを予防する対応策を打ち出す役目を担っているのが「運用管理エンジニア」です。

 

時間的、経済的な制約の厳しい現代社会において、万が一システムがダウンしたときに起こる損害というのは大きなリスクとなり得ます。このような背景があるため、運用管理エンジニアには、こうした最悪の事態が起こる前に対処する能力と、万が一のトラブル発生の際に適切な処置を講じ、被害を最小限に食い止めるスキルが要求されています。また、トラブルの向こう側には常にクライアントが存在しているため、冷静に、かつ適切にやり取りを行えるコミュニケーション能力も必要です。

 

コミュニケーション能力も重要

運用管理エンジニアの業務において、特に重要なのがこのコミュニケーション能力です。システムの上で起こるトラブルよりも、コンピューター外で起こるトラブルに対処する方が、結果的に被害を最小限に抑えられることも多いからです。運用管理エンジニアは職業柄、複数のスタッフとチームを組んで行動することが多いのですが、トラブル対応時には単独でトラブル対応に当たることも珍しくありません。いざという時に、コミュニケーション能力のあるなしがトラブル解決が成功するか否かを決めてしまうのです。そもそもトラブル発生には、普段の綿密な打ち合わせ不足や保守管理の不適切さが遠因になっている場合がありますので、常日頃からクライアントとの信頼関係を築いておくことも必要です。

就職先として運用管理エンジニアを捉えた場合、常に一定数の求人がある状況が続いているようです。社会のシステム化が進めば進むほど、そのシステム自体を管理する人員が必要になるためです。企業が求めている運用管理エンジニアの人材としては、一般的に、ネットワーク管理やネットワークSEの経験者、またはCCNP取得などの知識や技術の証明資格が求められているようです。

運用管理エンジニア転職エージェントランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る