エンジニア転職応援サイト/社内SE

このエントリーをはてなブックマークに追加   

社内SEの転職に関する情報

社内SEの転職状況

社内SEとは、ITエンジニアの一種で、勤務先の企業内の情報システムを取り扱います。現代は様々なビジネスの現場で情報システムが欠かせない存在となっており、社内SEもその存在感と重要性を強め、その需要は業界や業種に関係なく多くの企業で高まっています。

 

現代のビジネスの様式は、IT分野に多く依存しています。メールでコミュニケーションを取ることに始まり、ネットワークを利用して業務フローを一元化したり、「B to B」と呼ばれる企業間の電子商取引や、「B to C」と呼ばれる企業と消費者との取引も発展しました。顧客管理から在庫管理、販売管理など、もはや情報システムがなければ業務に支障をきたしかねない時代です。実際、パソコンのデータが消失したり、サーバーがダウンしたり、ネットワークに接続できないなど、IT環境のトラブルによって仕事を中断させられたことがある、という方は多いでしょう。

 

情報システムをサポートする社内SE

社内SEは、そうした現代のビジネススタイルを支える情報システムをサポートします。以前は社内の情報システムの管理、開発、運用、保守については、外部委託が多かったのですが、昨今これらを内製化する動きが加速し、IT分野に特化した人材であるSEを、企業が専属の社内SEとして採用する形式が主流になりました。

 

社内SEは社会的な需要が高い上に、やりがいの面でIT業界内での人気も高まっています。自分が作り上げたシステムへの評価を直に実感できたり、パソコン1台でモノを作り上げる創造的な楽しみがあったりと、クリエイティブな面でのやりがいに満ちているほか、会社組織の一員となることで就労環境が安定する点でも人気があります。これらの点から転職の選択肢としても注目度は高まっています。

 

さまざまな資質が求められる

社内SEは、勤務先の企業の分野や、そこで求められる役割、人材の資質などにより、仕事の内容が様々です。情報システムの開発はもちろん、システムアナリストやヘルプデスク、ネットワークインフラ担当、システム企画、プロジェクトマネージャー、ITコンサルタントなどなど多岐にわたります。SEと言えば情報システムの開発だけに黙々と従事するイメージですが、社内SEになると業界や業務の知識を基にして、必要となるシステムの構築を先導してゆく役割が強まります。よってIT分野の専門スキルだけでなく、コミュニケーションやチームワーク、マネジメントなどのスキルも要求されます。また、企業に勤めるメンバーとしてのビジネスマインドも必須となるのが社内SEの大きな特徴です。

社内SE転職エージェントランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る