エンジニア転職応援サイト/フリーランスのエンジニア

このエントリーをはてなブックマークに追加   

フリーランスのエンジニアという選択

フリーランスのエンジニアについて

最近では、フリーランスとして働いているITのエンジニアが増えてきています。この背景に、終身雇用制度がなくなったという事があります。みなさんはフリーランスとして働いている人のことを見ると、どう思われますか?「自分の力を試せていいな」と思いますか?それとも「仕事が選べるし、やりたい事をやれている」と思いますか?フリーランスには確かに「自由」はあると思います。ですが、「安定」はないのです。サラリーマンとして働く人からすれば、フリーランスという仕事形態にかっこよさや憧れがあるかもしれませんが、将来の保証もなく、収入の面での不安定さというデメリットもフリーランスにはあります。リスクもたくさんあるフリーランス。果たして、どうして収入の面でも不安があるフリーランスを選ぶITエンジニアが増えたのでしょうか。

 

フリーランスを選んだ人達が求めるもの、それは「キャリアップと収入のアップ」です。
もちろん、決められた仕事を淡々とやるという、型にはまった仕事はしたくないし、組織と言う仕組みが肌に合わないと言う人もいるでしょう。ですが、多くの場合、フリーランスになるという人の目的というのは、自己のキャリアアップと、フリーランスのエンジニアだからこそ得られる報酬にあると思います。フリーランスになった場合の報酬について、お話したいと思います。

 

報酬について

会社に勤めている人と違って、フリーエンジニアの報酬はとても高いです。もちろん、キャリアなどいろんな事はあり、フリーエンジニアとはいえ、報酬の差はあることは否定できませんが、ITエンジニアという専門職という点からみても、普通のサラリーマンより収入は多くなります。

 

収入の面において、サラリーマンよりも高い収入を得る事はできるでしょうが、フリーゆえに自己管理もしっかりとしなければなりませんし、自分自身のスキルなどもしっかりと把握し、自信を持って仕事が出来るようにならねばなりません。フリーエンジニアというのはエンジニア自身が商品な訳です。
自分はこれだけのスキルを持ち合わせているという事を売らねばなりません。更に、報酬の交渉も自ら行う訳です。場合により仕事を受けないという選択肢もあるでしょう。1つの案件に対して、月額60万円超というのはよく見ることですが、中にはそれ以上の金額の場合もあります。サラリーマンをしていて年収を1千万円もらおうと思えば、なかなか難しい事になりますが、フリーエンジニアにとっては、とても現実的な数字といえます。

 

仕事のペースについて

 

更に、フリーエンジニアになれば、自分のペース配分で仕事が出来ます。会社組織にいれば、有給などで休みを調整するという人も多いと思います。ですが、フリーエンジニアは、仕事を受けるのも受けないのも自分自身で考える為、調整もしやすいのです。1つの案件が終えて、次の案件に行く前に調整して、休むという事も可能なのです。

 

仕事のやり方を自ら決めるので、ちょっと長期休みが欲しいと思えば、調整次第でなんとかなるものです。エンジニアの仕事というのは、短期間で集中してやると言ってもいいくらいですので、自分の考えるペースで仕事が出来るスタイルというのはとても良いことでもあります。仕事に没頭する時間と休みの時間をしっかりと分ける事も出来るのです。

 

例えば、個人事業主として仕事を受けるようになれれば、自分で受ける仕事の量も決める事が可能なのです。仕事をする場所も、自宅でする事も可能となり、会社のように、始業時間や終業時間などありませんし、とても気軽な感じも魅力的です。報酬も高いという魅力と、自分のペースで仕事をこなしていける。1度フリーを経験すると抜け出せなくなるようなそんな気がしてしまいます。

 

スキルアップが可能

フリーランスのエンジニアについて

フリーエンジニアとして活躍する上で、スキルアップは確実に望めます。経験を積み重ねていける仕事ですから、受注する仕事の内容を変えていく事で、エンジニアとしての経験も増えますし、スキルアップが期待出来ます。IT関係の仕事というのは、専門的な領域のスペシャリストとして追求してゆく事もできますし、様々な業種に対応出来るマルチプレーヤー的な存在として活躍していく事も可能です。

 

ですが、両者ともに求められる事は、常に向上心を持って仕事をするということと、どんな内容においても、好奇心を持ち続けていける人でなければならないということです。またそれが、ITエンジニアとして働くという事の魅力でもあるとも言えます。顧客が求めるものというのは日々進化を遂げます。その要望に答えられるように、エンジニアたちも進化を遂げねばなりません。ITの仕事というのは、1つの道筋から、やがて発展させ進化させねばなりません。

 

エンジニアの仕事のもうひとつの魅力として、作り上げてきた道筋をどのようにして良いものへと変化させて行けるのか?常に挑戦を試みて、技術者自身の進化も試される世界です。様々な方向へ視野を向けることで、世の流れを把握する事が出来るというのも、エンジニアとしての仕事の魅力なのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

フリーランスのエンジニアについて/エンジニア転職ランキング記事一覧

職人や技術者というのは、手に職があるため、組織や企業に属さなくても仕事がしていける人達です。フリーエンジニアとは、プロジェクトや製品の開発、あるいは期間限定で雇われたり、顧客から仕事を直接依頼されて仕事をする人達の事をさしています。フリーランスと呼ぶのが一般的かもしれませんが、フリーランスでは意味合いが広がってしまうため、エンジニアに関しては、フリーエンジニアと呼んだ方がいいでしょう。フリーエンジ...
エンジニア転職
最初は相場よりも低い価格で受けるべし!フリーランスとして働く時に一番苦労するのが最初です。いくら仕事での実績があってもフリーランスとしての実績がありませんから、「この人は本当に納期までに仕上げてくれるのだろうか」、「スキル的に低品質なものが納品されないのか」、「コミュニケーションをとりながらスムーズに作業ができるのか」など不安要素がつきまといます。最初は我慢して低報酬のものでも仕事をできるだけ受け...

このページの先頭へ戻る