エンジニア転職応援サイト/外資系企業でのエンジニア求人

このエントリーをはてなブックマークに追加   

外資系企業でのエンジニア求人

外資系企業でのエンジニア求人

世界中で共通するもの、それが技術といってよいでしょう。しかし技術が世界のどこであっても通用する一方で、エンジニアの仕事をする上では、言葉や習慣の違いが存在するというのも、また事実です。このことがネックになっていることもあり、外資系企業のエンジニアになるチャンスというのは、豊富に存在しています。

 

外資系企業のエンジニアに要求されるのは、一つ目に、高い英語能力です。それは日本法人であっても、外資系企業であれば変わりません。確かに日本語を基本として仕事をできることもあるでしょうが、それだけでは、その外資系企業の本社との意思疎通が困難になることは、疑いようがありません。最近は社内共通語が英語になっている企業も増えています。コミュニケーション能力などの、本来の業務能力以外のところでハンデを負わないためにも、高い英語力は必須と言えます。確かに外資系企業の中には、英語圏以外の企業も数多く存在します。しかし万国共通語とも言える英語の高い能力を持っていれば、コミュニケーションで苦労することは、まずないと言ってよいでしょう。

 

それ以外にも、外資系企業に勤めるにあたっての違いがあります。それは雇用や勤務に対する考え方の違いです。企業文化はそれぞれの企業ごとに違うものですが、多くの場合の外資系企業は、日本企業とは違って解雇などをとても簡単にしてしまう傾向が見られます。日本企業にエンジニアとして就職すると、その後に長期間の下積み生活が待っています。しかしそれでも解雇されるのは、これまでは不祥事を起こした時などに限られて、ほとんど解雇される可能性はないと言ってよかったでしょう。最近の日本企業の傾向が多少変わってきたと言えども、外資系企業での解雇のあっさりさと比べると、まだまだ違いがあります。しかし逆の面からみてみると、能力の乏しい先輩社員がいつまでも大きな顔をして居座っていることや、雇用が負担になり企業そのものの存続が危なくなるなどのデメリットがないとも言えます。従ってそのことが、働きやすさと直接的に関係してくるとは言えないということです。

 

外資系企業でのエンジニア求人

また外資系企業では、意見をはっきりと表明して、議論を重ねて、物事を決定してく能力が求められます。日本の企業で働いているかのように、意見を言わずに、指示に従っているだけでは評価されません。それはエンジニアでも同じことです。エンジニアと言えども、様々なことに対して自分の意見や考え方を表明することは必要です。外資系企業で自分の意見を表明しないということは、なにを考えているのか分からない人物、または自分の意見を持たない人物と見られてしまいます。従って技術のことだけをやっていたいという人は、外資系企業には向いていない場合が多くあります。エンジニアとして、会社や上司に対して仕事をするのではなく、自分の仕事や技術に責任を持つプロフェッショナルな人間であるという姿勢と自覚が、外資系企業のエンジニアの不可欠な要素と言えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る