エンジニア転職応援サイト/エンジニア転職の知識

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニアがやってはいけない転職活動中のNGなことベスト3

転職活動中のNG

 

ほとんど当たり前のことになりますが意外とやっちゃうことをランキングにシてみました。ランキング以外にも転職活動のために無理に休んだり、早退するなども常識的に考えて迷惑をかけてしまいますのでそのような常識を外れた行動は控えましょう。円満退社で次の職場に向かえるよう今の会社への配慮も忘れないようにしましょう。

 

同業種への応募

エンジニアの中でもサーバーエンジニアやネットワークエンジニアではそこまで気にする必要はありませんが個人情報を取り扱うシステムエンジニアの場合は注意が必要です。
自社情報のみならず外部情報を管理しているケースでは守秘義務が重んじられます。就業規則上、外部にそのようなデータや情報を流出してはいけないという規約があるため、その業務に就いている状態で他社の面接や入社試験に応募するのは基本的に禁じられています。

 

個人情報や顧客情報を知っている社員が他の企業に転職しようとしていたら、情報漏洩の面で問題があると疑われても仕方ありません。
前職で完全に自分の在籍証明を抹消してから新たな仕事場で働く必要があります。
在籍期間中に転職活動をしてしまうと法令やガイドラインに違反する可能性がありますので注意しましょう。場合によっては訴訟問題など重大な事態に発展するケースもあります。

 

会社のパソコンを使った情報収集

会社のパソコンを使った私的な利用は禁止されています。
過去の履歴やデータが残っていて、問題に発展する可能性もあります。他の職種ではわざわざ退職者のデータや履歴を確認するケースは稀ですが、システムエンジニアは在籍期間中にどのような行動やデータを扱っていたのか検証することがあります。
もしライバル企業の面接や求人閲覧が確認され、実際に転職したとなると情報の漏洩が懸念されます。よからぬ疑いをかけられるよう会社での求人検索や情報収集は控えましょう。
「時間がないので会社でついつい調べてしまった」という方もいますが、就業規則や契約に違反してしまう可能性があるので、そのような行為はやめましょう。

 

急な退職願い

エンジニアの作業は特殊な専門知識やその会社のみで扱っているソフトウェアやデータが存在します。
後継者がその仕事をすぐに覚えられるかというと、そうではありません。
会社にとって重要なデータを扱ったり、サイトを運営するシステムの基盤になっているケースもありますから、引継ぎ期間を十分に設ける必要があります。できれば3ヶ月以内に申告、遅くとも1ヶ月半以内には退職の申告をしたいところです。

 

急に会社を辞めることを報告してしまうとその後会社にいずらくなってしまいますし、円満に退社とならないケースが出てきます。なかなか代わりの利かない職種でもあるので求人募集をしてもすぐに人が集まらないというケースも考えられます。そういった事態を防ぐためには早めの申告が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る