エンジニア転職応援サイト/エンジニア転職の知識

このエントリーをはてなブックマークに追加   

経験者が優遇される環境ですが果たして未経験での転職は?

未経験からのモノづくりエンジニアへの転職は可能か?

 

モノづくりエンジニアというといかにも専門知識が必要とされていて経験者しか就業できない印象がありますね。しかし転職サイトを見てみると、未経験者歓迎のモノづくりエンジニアも数多く存在します。試しに転職サイトでいくつか調べてみました。リクナビNEXTで、ものづくりに関する未経験者歓迎の案件は129件、typeで検索したところ60件、DODAで検索したところ33件の求人がありました。もちろん時期によって求人数は変動しますが、これだけ未経験でも求人案件があるということです。
どのようなものがあるか見ていくとデジタル回路設計、プロセス開発、光学機器設計、電気通信機器設計、生産技術エンジニア、品質管理などの仕事内容がありました。ちょっとこれだけだと何を作っているかイメージしにくいかもしれませんが、簡単に言うと自動車の部品や衛星通信をする機器(アンテナ、携帯、カーナビなど)、輸送機器、パソコン関連の部品作成などがありました。
確かに専門技術を要するものではありますが、こういった製造業は人材不足に陥っているのも現状です。できるだけ多くの求人を集めようと、ものづくりに関するセミナーやイベントが度々開かれる程。決して未経験者でも無謀な分野というわけではないのです。

 

未経験者は何を意識して企業を選べばよい?

入社後にわからないことだらけで苦労するのは自分です。そのサポート体制がいかにしっかりしているかを意識して企業を選択すると良いでしょう。特に意識したいのがOJT(社員研修)を実施しているかどうかです。
企業側も専門的知識が必要な仕事ということは十分に理解しています。そのため入社まもない社員に対して、技術の習得や知識の共有を図るため勉強会を実施して指導するサポート体制が敷かれているところがあります。
「自分の力でのし上がって来い」というような突き放した環境では習得あるのに苦労してしまいますので、つきっきりで技術を習得させ、親切な指導をしてくれる企業を未経験者は選んだほうが良いでしょう。技術の習得だけではなくミーティングでのコミュニケーション能力、仕事の進め方、設計、製図の指導を行うところもあります。中にはCAD利用技術者試験2級合格レベルを目指して勉強会を実施する企業も。だいたい2ヶ月から3ヶ月程度、長いところでは半年程度そのようなサポート体制を敷いて徹底的に技術を習得させる企業も存在します。

 

なによりも本人の意欲が必要!

企業としてもサポート体制をしっかりと用意していますが、もちろん本人の向上する意欲がなければどうにもなりません。
会社で実施する勉強会以外に通信教育講座を受けて勉強したり、ものづくりの基礎を学べるビジネスツール等を活用し、イーランニング講座を受ける社員もいます。人によっては技術セミナーに積極的に参加して会社の指導以外に、自分からスキルアップを目指す方もいます。特に入社半年程度はそういった努力が必要不可欠です。未経験とはいえ全く無知の状態で転職を図るのは無理があります。もともと自動車開発に興味があり、外装や内装の修理や部品交換の経験がある、車載システムについて詳しい、電気自動車の解析や内部構造の理解があるなど興味がある人に向いている職種といえます。

 

未経験者のものづくり環境の年収とは

ものづくりエンジニアの環境、いわゆる機械、電気・電子、生産分野での年収ですが、厚生労働省の調べによると、20代が250万円程度、30代が330万円程度、40代が450万円程度、50代が490万円程度となっています。他の業種と比較して残念ながら年収はやや低い傾向にあります。
もちろん企業によって年収は差がありますが分野でみていくと高収入が得られるというジャンルでは残念ながらありません。ただ中にはアサヒビールの製造業年収800万円、味の素の製造業年収700万円など大手企業であれば、高い年収が約束されているところもあります。

 

ただし、今回ご紹介しているのは未経験者のモノづくりエンジニア。
実際に転職サイトで募集している未経験者の年収や月収について調べてみました。

 

半導体装置製造エンジニア

年収事例:28歳入社1年目350万円

 

自動車精密機器機械設計エンジニア

年収事例:32歳入社1年目410万円

 

車載システム設計解析エンジニア

年収事例:30歳入社1年目370万円

 

自動車用リチウムイオン電池の要素開発エンジニア

月収事例:24万5000円+諸手当(残業代支給)
年間休日115日

 

年収推移

入社3年目年収370万円
入社5年目420万
入社10年目年収530万円

 

上記、無作為に求人情報をピックアップしてみました。未経験とはいえ1年目から年収400万円以上を提示している企業もいくつかあり、決して安月給なものばかりではないということがわかります。
中小企業を中心とした製造業はどうしても年収が低くなりがちですが、大手企業の部品を扱っていたり、有名メーカーの自動車部品を取り扱っているケースではそこまで悪くない年収と言えますね。

 

ただ、未経験者の場合はだいたい30歳ぐらいまでを上限として考えているところが多いです。「キャリア形成のため」、「若年層強化のため」といった名目で若い人材のほうが歓迎されている状況があります。

 

以上、未経験者のものづくりエンジニア転職実態についてご紹介しました。
求人が少なくて非常に困難な状況というわけではなく、他の業種と比較してもサービス業に次いで未経験者の方の募集が多い業種といえるのではないでしょうか。自分の努力次第で十分に転職できるチャンスがある分野です。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る