ITスキルを活かし失敗のない転職を

このエントリーをはてなブックマークに追加   

転職活動の基準をしっかり定めて的確な企業への応募を行う

転職活動を続けていると、他の応募者の人がどのぐらいの企業に応募しているのかについて気になるかもしれません。実際に転職に成功したという人たちのアンケート結果などを見てみると、平均して10〜11社程度に応募したという人の数が多くなっています。キャリアップランや人生を大きく左右する選択であるのが転職です。できるだけ条件の良い会社で働きたいと考えるのは自然なことなのですが、誰もが自分の理想にピッタリの企業に転職できるとは限らないのです。

 

転職活動ではある程度の期間内に転職先を決めることが必要になります。特に一旦退職をして無職で転職活動を行う場合には転職活動の期間が長くなるとそれだけ不利になってしまうのです。また長期の転職活動を続けているとモチベーションの維持も難しくなりますので、できればできるだけ短期間で転職先を決めることが望ましいといえます。

 

一般的な採用数から応募数を逆算してみると

現在では書類審査や一時選考などについては25%程度の通過率になっているのだそうです。特別な経歴や技術などがあれば別ですが、普通の人の場合にはかなり厳しい状況だといえるのではないでしょうか。単純に考えると4社を受けて1社程度最終選考に残ることができれば上出来ということになります。また最終面接については50%程度の通過率となっているようですから、最終的な採用を勝ち取るためにはやはり10社程度に応募することが必要なのかもしれません。

 

必要以上に多くの面接を受けて内定の数が増えすぎてしまったら困るのではないかという意見もありますが、一方では内定をもらってもさらにできるだけ多くの企業の面接を受けてみたいと考える人などもいるのです。一度転職を決めてしまうとしばらくの間は次の転職が難しくなりますので、できる限り多くの企業について知ることが満足度の高い転職につながるのです。多くの企業についてより深く知るためにもある程度の数の企業に応募してみることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る