ITスキルを活かし失敗のない転職を

このエントリーをはてなブックマークに追加   

簡単な質問に詰まるようでは内定は勝ち取れない!

転職活動には面接がつきものなのですが、面接の際には採用担当者から必ず聞かれる「定番」の質問というものがあります。これらについてはある程度質問の内容が予想できますので、事前に回答を準備しておくことで転職活動を有利にすすめることができるはずです。今回は転職活動で聞かれることが多い質問について詳しく解説しますので、説得力のある回答を準備するための参考にしてみてください。

 

面接で聞かれるこれまでの職歴などについて

これまでの職歴について面接では必ず聞かれるはずです。これまでどのような仕事をしていたのか、またどんな実績があるのかについて企業は高い関心をもっています。この時には自分の職歴について自信を持ってアピールしてみてください。嘘はいけませんが積極的にアピールするという姿勢が評価につながります。ただし漠然とアピールするだけではあなたの熱意を伝えることは難しいかもしれません。事前に話したい内容を整理して伝えたい数字やキーワードなどを織り交ぜながら話をしてみましょう。面接官が関心を持って質問をしたくなるような内容を目指してみてください。

 

志望動機や転職理由について

志望動機や転職の理由についても同様に聞かれることになります。採用担当者は「なぜ選んだのか」について関心を持っていますので、待遇面などが理由だと「待遇がよければどこでもいいのだろうか」「もっと待遇の良い企業があれば再度転職するのだろうか」などと思われてしまうかもしれません。志望動機や転職理由についてはできるだけポジティブなものを考えるようにしてください。仕事に対する熱意を訴えることができるような理由であれば最適でしょう。一方でネガティブな理由は評価が下がってしまいますので注意が必要です。「前の職場に馴染めなかった」「人間関係に疲れた」などという理由はあまり好ましいとはいえません。

 

自分にできることやこれからやりたいことについて

「あなたはこの会社で何ができますか?」「これからこの会社でどんなことをしたいですか?」などの質問も定番です。このような質問については、あなたが持っているスキルや資格などをアピールしてみてください。またこれから仕事のために取得したいと考えている資格やスキルなどについてアピールしてみることもおすすめします。ただしいずれの場合でも「どのように仕事に活かしたいのか」をアピールすることが重要になります。現在の自分の能力や資質、またこれからの課題などを提示することで仕事に対する熱意を伝えることができるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る