ITスキルを活かし失敗のない転職を

このエントリーをはてなブックマークに追加   

第二新卒はキャリアよりやる気

一般的には社会人になってから1〜3年程度の30代未満の人が「第二新卒」と呼ばれるようです。ただし第二新卒の定義などははっきりとしていませんし、また業界によっても考え方が異なっています。ですから多少年齢などの条件がズレいていて「自分の年齢では第二新卒には該当しないかな」という人も積極的に応募してみてください。
第二新卒者を募集する企業はどのようなポイントについて応募者をチェックしているのでしょうか。一般的な転職の場合にはそれまでのキャリアや実績などが重視されるようですが、第二新卒者の場合には若干異なるようです。第二新卒の場合には社会経験が短いですのでキャリアや実績はそれなりのものしか期待できません。そのため基本的なビジネスマナーを持っているかどうか、そして今後の仕事に前向きに取り組む積極的な意欲や将来に対するビジョンがあるかどうかをチェックされることになるのです。

 

前向きな熱意を積極的にアピールしましょう

これは第二新卒だけに限らないのですが、転職活動では熱意を積極的にアピールするということが重要になります。将来に対する明確なビジョンを持って入社を希望すればあなたの熱意が伝わりやすくなりますし、ただ漠然と入社を希望するよりも好印象を獲得することができるはずです。あなたがなぜその企業の募集に応募したのかを熱いエピソードを交えて大いに語ってみてください。

 

基本的なビジネススキルを身につけていることをアピールしましょう

第二新卒者に対しては社会人として当たり前である基本的なビジネススキルを身につけていることが要求されます。例えばパソコンのスキルとしてはワード・エクセル・パワーポイントなどの基本操作ができることが必要です。また現在のビジネススキルだけでなく、今後の仕事のためにどのようなスキルを身につけたいと考えているのかといった将来のビジョンを含めてアピールすることが効果的だといえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る