ITスキルを活かし失敗のない転職を

このエントリーをはてなブックマークに追加   

質問なしはダメ!しっかり質問して好印象に

転職活動のために面接などを受けると最後に「何か質問はありますか?」と尋ねられるはずです。このような機会は自分をアピールするためのチャンスですので、できるだけ積極的に質問をすることをおすすめします。「特に質問したいことはありません」などと答えてしまうと、企業の採用担当者には「この応募者は当社に関心がないのだろうか?」などと誤解されるかもしれません。質問の機会を自己アピールに活かすためのポイントについて紹介しますので参考にしてみてください。

 

自分のやる気を積極的にアピールしましょう

「実際に採用された場合のその後について質問してみる」ことが質問の機会を自己アピールに活かすためのポイントになります。例えば採用された場合にどのような部署に配置されることになるのか、その部署でどのような仕事を任されるのか、また同年代の社員が具体的にどのようなスケジュールで働いているのかなどを質問してみましょう。採用担当者が「この人を採用したらどんな仕事を任せることができるだろうか」と考えてくれるようであれば、実際の採用の可能性がぐっと高くなるはずです。

 

自分の得意分野を積極的にアピールしましょう

転職活動を成功させるためには自分の得意分野についてアピールすることが重要になるのですが、面接時間には限りがありますので十分なアピールが難しい場合などもあるかもしれません。そのような場合には質問の機会を自分の長所のアピールのために役立ててみてください。例えば「私は比較的誰とでも仲良くなれる性格ですが、現在の職場の雰囲気はどんな感じですか?」「私は体力には自信があるのですが、残業や休日出勤はどの程度なのでしょうか?」などと聞いてみることで、質問をしながらさりげなく自己アピールを行うことができるのです。ただしあまり大げさにアピールをすると逆効果になりますので、あくまでも謙虚な態度を心がけるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る