ITスキルを活かし失敗のない転職を

このエントリーをはてなブックマークに追加   

すぐ辞める人というイメージを持たれる転職回数の多さ

これまでに転職をした経験が多い人の場合には、転職回数が実際の採用にどの程度影響するのかが気になるかもしれません。様々な企業の採用担当者の意見を集めてみると、30代の人の場合であればこれまでの転職回数が1〜2回程度であれば採用にはほとんど影響しないようです。また3回以上の転職経験があってもOKだという企業もありました。ただし多くの企業では転職回数が多い人に対しては「何か問題があるのではないか」と考えるようです。転職回数についてはできれば少ないことが望ましいといえます。

 

転職理由も重視される

また転職の回数も重視されますが、さらに転職の理由についても同様に重視されることになります。特に「体調を崩してしまった」「職場に馴染めなかった」などの転職理由は多くの企業で嫌われるようです。これはそのような人を採用をしても同様の理由でまた退職してしまうのではないかと警戒されてしまうからです。一方で「自分のスキルを磨きたい」「キャリアアップがしたい」といったポジティブな理由であれば比較的歓迎されるようです。現在の転職市場では向上心の高い人材を積極的に採用したいと考えている企業が増加しています。

 

すでに数回転職している人は長く働くアピールを

すでに何度も転職をした経験があるという人の場合には、「なぜ転職をしたのか」について説得力のある説明ができるように事前に準備をしておくことが必要です。企業ではできるだけ長く働いてくれる人材を求めていますので、これからどのように働きたいのかについて明確なビジョンを示して提案するようにしましょう。またこれまでの転職で得た経験をこれからどのように活かしていきたいのかなどについてもじっくりと考えてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る