ITスキルを活かし失敗のない転職を

このエントリーをはてなブックマークに追加   

転職にも有利な時期と不利な時期がある

転職活動にはいわゆる「有利な時期」というものがあります。有利な時期を選んで転職活動を行えばそれだけ求人の数が多くなりますので自分の希望に合致した求人を見けやすくなるのです。有利な時期の見極め方がわからないという人などもいるようですが、具体的にはどのようなタイミングで転職活動を行うことがベストなのでしょうか。

 

新規の求人が増える時期が転職にもおすすめ

転職市場の求人傾向を年間を通して確認してみると、求人が多いのは3月〜4月の時期と9月〜10月の時期になります。これについては退職とそれに伴う補充の時期であったり、また新規の事業をスタートする時期であることなどが関連しているようです。これらの時期になると各企業における中途採用のニーズが高まりますので、この時期に合わせて転職活動を行えば自分にピッタリの求人を見つけやすくなります。ただし実際には転職を希望する人の多くが同じことを考えますし、また実際に求人が増える時期については業界ごとに違いなどがあるようです。自分が転職を希望する業界の情報などをしっかりと集めて転職活動を有利にすすめましょう。

 

辞める時期は転職を希望する時期から逆算してみましょう

転職活動に熱心に取り組んだからといってすぐに希望に合った求人が見つかるというわけではないのです。実際には求人情報を集めることから始めることになりますし、さらに書類の準備をしたり面接のスケジュールの調整をしたりすることなども必要になるでしょう。また現在の仕事を続けながら転職活動に取り組むのであれば、転職が決まった後の退職の段取りについても考えておく必要があります。多くの人は1〜2ヵ月後の転職を目標にして、そこから逆算して転職活動の予定を考えているようです。また転職活動中の生活費の確保の問題などもありますので、現在の仕事のボーナス時期や失業手当の給付期間などを慎重に検討しながら転職活動の時期を考えるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る