ITスキルを活かし失敗のない転職を

このエントリーをはてなブックマークに追加   

前歴調査がなくても最終的には退職証明書の提出がある

転職活動に関して「前歴調査」が行われるという都市伝説があります。応募者の以前の勤務先に電話をして、履歴書や職務経歴書に記載された内容に間違いがないかどうかを確認したり、また職務態度などを調査したりすることがあるのだとされているのです。

 

これらについては特に金融や警備などの関連企業が積極的に行っているというイメージがあるのですが、実際には前歴調査を行っている企業は現在ではほとんど存在しないのです。これは「個人情報保護法」が2005年から施行されたことが理由となっています。本人の承諾なしで前歴調査を行うことは法律で禁じられているのです。ただし本人の同意があれば可能ですから、面接などで承諾を求められたのであれば前歴調査が行われるものだと考えるべきでしょう。

 

前歴調査を独自で行う企業は危険?

企業の一部には前歴調査を興信所などを利用して秘密裏に行っている場合もあるかもしれませんが、これについては私たちには確認する手段がないのです。ただし承認なしで勝手に前歴調査を行っているという企業があれば、そのような企業への転職は考え直した方が良いかもしれません。前述の通り前歴調査には本人の同意が必要ですので、法律違反を犯すような企業はいわゆる「ブラック企業」である可能性が高くなります。

 

現在ではほとんどの企業では「退職証明書」の提出を採用が決定した後に求めているようです。前歴調査の話が転職活動中に出るようであれば、疑問や不安などについてしっかりと話して確認することが重要だといえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る