エンジニア転職応援サイト/エンジニア転職の知識

このエントリーをはてなブックマークに追加   

自分の得意な分野を活かせる仕事を探しましょう

エンジニア転職

リーマンショック後の2009年は一時的ではありますが、多くのIT業界にいるエンジニアにとっては厳しい時期でした。ほとんどの現場では仕事がなくなり、リストラや雇用条件が悪くなりました。
しかし、今はそんな冬の時代も過去の話で、より良い条件を求めて仕事を選べる時代になりました。
2009年当時、フリーランスで特定派遣専門のIT会社に所属しており、そのIT会社経由でクライアントの会社に常駐していましたが、やはり、リーマンショック後に私も金額を下げられました。
周りではバタバタとリストラにあって一緒に働いていたチームのメンバーもいなくなっていきました。

 

回復基調にある景気のなかで徐々にITエンジニアの仕事も戻ってきました

しかし、今では状況も改善して、仕事を選べるようになりました。
私自身がたまたまオープン系のWeb開発でも開発言語でJavaに強かったので今はWeb開発が主流なようで、雇用条件を比較的交渉出来る立場になりました。
特に、最新のフレームワークである、SAStrutsやDIコンテナのseasar2が得意だったので、今はフレームワークを用いた開発が多いようで、たまたまですが時流に合っていたようで、さらに助かっています。
Javaの延長線というので、Androidの開発も個人で行って、Androidアプリを開発して、Google Playにリリースしたりしていたので、スマートデバイス向けもある程度勝手がわかっていたので、そういった話も出来たところも助かりました。
今では、仕事内容に不自由無く納得した条件で働けています。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ

特技を活かせば、今ならエンジニアも積極的に仕事を選べる/エンジニア転職ランキング関連ページ

SE職の転職事情
転職フェアを利用するメリット

このページの先頭へ戻る