エンジニア転職応援サイト/エンジニア転職の知識

このエントリーをはてなブックマークに追加   

第二新卒のIT求人が多い理由

求人情報の中には、第二新卒と呼ばれるキーワードがしばしば登場してくると思われます。第二新卒とは以下の定義に当てはまる人をさします。学校を卒業した後、新卒で会社に就職します。そして3年以内に会社を辞めて、転職先を探している人のことです。基本的なビジネスマナーに関しては身についているけれども、専門的な知識やスキル、ノウハウは持っていない人材です。その他にも大学院生が就職するときや学校を卒業した後で、海外に留学していた人が就活する場合でも、第二新卒と呼ばれることがあります。
IT企業の中には、第二新卒を積極的に採用している所もあります。IT企業の中には、ベンチャーのようなまだ会社のスタッフの人員がそろっていない所も数多くあります。そうすると、新入社員に対する社員教育にそれほど時間やコスト、人員を割けられない所も多いです。第二新卒であれば、ビジネスマナーなど社会人にとって最低限必要なものは身についているので、新卒を採用するのと比較すれば研修にかかるコストや時間を抑制できます。

 

若いIT企業が多いせいか働き手のバランスが特殊

またIT企業の中には、働く社員層のバランスが崩れている所もあります。幹部クラスは40代前後で、そのほかの社員は20代前半といったケースもあります。そうすると年配と若手の間に隔たりが起きて、うまく社内コミュニケーションが取れなくなるケースもあり得ます。第二新卒というと20代後半から30歳くらいまでの人材が中心です。ということは、年配と若手の間のブリッジの役割を果たしてくれる可能性が高く期待できます。社内のコミュニケーションがうまく取れるようになって、会社の経済活動がより効率的に回る可能性も高いです。このようなメリットがあるので、IT企業の中には第二新卒を雇う所も多いわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る