エンジニア転職応援サイト/エンジニア転職の知識

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニアがいきなり異業種の営業の仕事ができるのでしょうか?

営業職へ

 

自分がエンジニアより営業職に向いているのか検討してみましょう。エンジニアとして数年経ち、「自分は本当にこの仕事が向いているのだろうか」と悩んでしまう人がいます。エンジニアというと職人気質な仕事という印象がありますね。しかし実際に働き出すと当然のことながら同僚と連携をとってコミュニケーションを図りながら仕事を進めるということも少なくありません。

 

「どのような仕様書を書けばいいのか」
「どんな機能を兼ね備えたプログラムを作るか」
「企業のニーズに合ったプロジェクトを実行するためにシステムはどのようなものにしたら良いか」など。

 

ふとした瞬間に「プログラムやシステムを作ることよりも、ものづくりの過程で話し合いをする方が好きなのかもしれない」と感じるエンジニアもいます。それならば話し合いがメインとなる営業職への転職を考慮するのも一つの手段です。もし若い段階からプログラムやシステムの設計や作成に苦労して、今後もその仕事が続けられる自信がないのであれば早い段階での転職をおすすめします。

 

営業職といっても多種多様なものが存在

単純に営業職といっても業界によって取り扱う商品も異なりますし、サービスも異なります。個人消費者に向けて訪問するのも営業職ですし、すでに提携している企業との取引でやり取りをするのも営業職です。顧客開拓や商品の売り込みを新規に行い、提携先を増やす営業職は根気と体力の要る仕事になります。単純に営業を希望というよりも「企画書やPR活動をやってみたい」、「提携先の企業と話し合いやブリーフィングを中心に行いたい」、「自分の技術を生かした営業職をやりたい」など目的を見つけてまずは方向性を定めていきましょう。エンジニアの経験が浅ければ特に業界を限定する必要はありませんが、エンジニア経験が数年に及び知識が蓄積されている場合、その知識を生かした営業職に転職するのがおすすめです。

 

エンジニア出身者に向いている営業職とは

エンジニアの知識があればその知識を活かせる営業職に転職したほうが良いでしょう。具体的にはIT系エンジニアであればシステム開発会社、サーバー運用・管理会社、ソフトウェア・ハードウェア会社などがあります。ひょっとしたら現在働いている職場でも営業の方が数名いるというケースもあるのではないでしょうか。ただ職場環境を変えて頑張りたいという場合はやはり転職するしかないでしょう。どうしても残業の習慣や休み状況は社内で職種が変わったとしてもそこまで違いは生まれませんからね。

 

エンジニア出身者が上記のような企業に応募した場合、非常に内定率が高まると言われています。エンジニア出身者最大の強みは専門的な質問にもすぐに答えられること。どうしても普通の営業職の社員は専門知識がないため、大まかな概要や説明しかできない人が大半です。場合によってはエンジニアも同行してもらう必要が出てきます。
しかし営業職兼エンジニアのような知識があればわざわざエンジニアが同行する必要はありませんね。例えば取引先の企業から、「社員のみが閲覧できるプロジェクトに関するシステムを作りたいんだけど」と聞かれた時に具体的にどういった内容のシステムを組みたいのか、その場で聞くことができます。専門的な知識を持っている人材は重宝されること間違いないでしょう。

 

営業職の平均年収とは

これは企業によって違うと言ってしまえばそれまでですが大まかな目安として伝えておきましょう。DODAの職種別平均年収データによると、営業職で20代の場合350万円から380万円程度、30代の場合450万から490万円程度、40代の場合600万円から630万円程度、50代の場合700万円から750万円程度となっています。また業界別に多少年収の変動があり、ITシステム関連の営業職のほうが人材サービスや広告業、食品関連の営業職より年収がやや高いというデータも残っています。さらに地域によっても年収が変動します。

 

エンジニアと営業職の違いはインセンティブ契約があるということでしょう。
契約できた数やプロジェクトの成功によって年収に反映されるケースが多くなっています。転職によってエンジニア時代よりも年収が下がってしまう可能性もあるので覚悟しておきましょう。

 

営業職の職場環境とは

すでに提携先企業が決まっていて、新規顧客開拓などが必要なければそれほどプレッシャーが掛かる環境ではありません。しかしいわゆる訪問販売などオーソドックスな営業マンの仕事は勤務時間という概念がなく、ノルマを達成するまで働かなければいけないという職場環境が多いのも事実です。
大手転職サイトのリクナビネクストによると、20代後半営業職の方に「残業時間でどれぐらい?」という質問に対して最も多かった回答が「2時間以上3時間未満」で33%、次いで「1時間以上2時間未満」で22%となっています。

 

つまり定時で午後6時に終わるとしても大体は8時過ぎになってしまうのが現状です。
契約件数や受注額によって給料に反映されるので高額な手当てやボーナスが期待できる反面、常に数字とのプレッシャーもあります。基本給が低く設定されていて、月給15万円プラス出来高のような設定をしているところも多いです。

 

 

 

以上、エンジニアから営業職に転職する場合の給料や職場環境についてご紹介しました。
コミニケーションが必要な職種なのでもちろん話すことが好きな人には向いている仕事といえますが、残業が多かったり、給料がなかなか伸びないということも考えられますのでその点を踏まえる転職先を検討すると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ

エンジニアから営業職へ!失敗しないエンジニア営業転職術とは?関連ページ

エンジニアから事務職へ
コンサルタントに転職
デザイナーへの転職

このページの先頭へ戻る