エンジニア転職応援サイト/エンジニア転職の知識

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニアからデザイナーへ

エンジニアからデザイナーへ

 

エンジニアとしてシステムを組んだり、プログラムを作成していてデザイナーと連携をとるケースがあります。その際デザイナーのスキルをうらやましく思ったり、逆にダサいなと思ったり。だんだんと「自分だったらこうしたいな」、「もっとこんなデザインを作ってみたいな」という意欲が出てきて、内部的な作業がメインのエンジニアよりもデザイナーのほうが魅力に感じるという方がいます。また仕事内容だけでなく世間的なイメージでも「デザイナーの方がかっこいい」という印象を持たれがちですね。エンジニアと言っても、「具体的に何をやっているの?」なんて言われることもしばしば・・・。そういった世間的評価も考えて転身を図りたいと考えている方も少なくありません。同じ職場にエンジニアとデザイナーが共に在籍していれば特に転職をすることなく職種だけ変更したり、両方を兼務するというケースもあります。

 

エンジニアの強みを生かせる職種

システムエンジニアとして働いていた場合、Webデザイナーに転職したとしてもそこまで抵抗感はないでしょう。例えば営業の仕事をしていた人が急に調理師を目指すとなると全く仕事内容が変わってきますね。しかしエンジニアからデザイナーへの転職は芸能人のマネージャーが芸能人になってしまうぐらいなもの。
仕事内容を理解していて、どんな職場かも知っているので似ているかもしれません。(実際はちょっと違うかもしれませんが・・・笑)内部の人間が外に出るというようなイメージにちょっと近いかもしれませんね。エンジニアからWEBデザイナーに転職しても今までの知識や経験が活かせます。仕事内容が多少リンクするところがありますからね。例えばWeb制作に欠かせないプログラムの設定やPHP 、JavaScriptなどもエンジニアには多少なじみのあることでしょう。人によってはアニメーション処理ができるという人もいるはずです。デザインスキルはまだまだでも、細かいUX的な部分もエンジニアだったら理解しているという人も少なくありません。

 

エンジニアとデザイナーが共存している働き場が理想

エンジニアからデザイナーへ転身を図るときに出来れば同じ職場にエンジニアとデザイナーの方がいたほうが働きやすいです。デザイン会社によってはクライアントから指示されたものをデザインするだけ、システムやプログラムはまた別の会社に依頼しているという可能性もなくはありません。
そうなるとシステムによってはデザインできないものも発生して、やりとりが煩雑になってスムーズにいかないケースがあります。例えばエンジニアが機能や仕様を先に決めてしまった場合、デザイン会社としては、「その仕様ではこのデザインは無理」と伝えても、依頼した会社にはその理由がよく理解できないなんてケースも・・・。エンジニアとデザイナーの連携がスムーズな環境の方がとても働きやすいですね。特にエンジニア出身であれば、クライアントの急な依頼(例えば動的ページの追加作成依頼)が入ったとしても、すぐにデザイナーと連携して対応できます。他にも仕様が変わった際にすぐにデザイナーに伝えたりなど、デザイナーでありながらもコードやプログラムを書けるのもエンジニア出身のメリットといえるでしょう。

 

エンジニアの強みを活かした転職活動

Webデザイナーを募集している際、ひょっとしたら他のWebデザイナーよりもりエンジニア経験があるデザイナー志望の人のほうが採用されるケースがあります。
「すでに現在の職場ではデザインができる人は他にもいる。でもシステムを組んだりプログラムを作成できるデザイナーはいないから、それだったらエンジニアとしての経験もある人を採用しよう」と考えてもおかしくありません。
エンジニア出身者はデザインスキルをアピールするよりも、むしろ「エンジニア経験をデザイナーの職場でも生かせますよ」という点をアピールして転職活動した方が良いでしょう。

 

具体的に挙げていくと、

 

  • 動的なページを作成できる
  • 多種多様なフレームワークを取り扱うことができる
  • システムも組むことでデザインできる幅が広がる
  • UX部分も理解している
  • Sassを理解している
  • 変数、function mixinなどを理解している
  • Vue.jsを理解している

 

上記のような知識は一般のWebデザイナーだと不足している部分です。
IllustratorやPhotoshopの扱いなどでは劣ってしまう部分がありますが、別の部分で勝負すれば十分にWebデザイナーとして活躍できるチャンスがあるはずです。

 

職場環境はあまり変わらない?

一つ気をつけておきたいことはエンジニア時代とそれほど職場環境が変わらないということ。
エンジニアもWebデザイナーも納期やクライアントの要望があります。それに対応するために休日出勤や残業を日常的に起こっているので忙しい環境が予想されます。
もちろんメリハリをつけているデザイン会社もありますが、残業が慢性化しているところが多いのも事実です。新規顧客開拓をしてデザインを随時承る会社ほどそのような状況になりがちです。できれば提携先の企業のHP更新や、自社のネットショッピング運営など作成するものがすでに決まっている企業が安心して作業ができますね。その点を踏まえて転職活動を行っていきましょう。

 

以上、エンジニアからデザイナーへの転職についてご紹介しました。
全くの異業種という感じでもないのでそこまで苦労することはないでしょう。むしろエンジニアとしての経験を誇りに思って転職活動をしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ

エンジニアからデザイナーへの転職は比較的簡単?関連ページ

営業へ転職
エンジニアから事務職へ
コンサルタントに転職

このページの先頭へ戻る