エンジニア転職応援サイト/エンジニア転職の知識

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニアからコンサルタントになるのは可能か

エンジニアからコンサルタント

 

全くの異業種ともいえるコンサルタント。今までシステム開発やアプリケーションの作成、ソフトウェア開発などに携わっていた方が戦略立案や業務改善のアドバイスをするコンサルタントになれるのかというと、やはり簡単な事ではありません。「コンサルタントってなんか憧れるなぁ」という程度の軽い気持ちでは恐らく難しいでしょう。エンジニアの業務だけではなく大規模なプロジェクトに関わって利益を出したり、業績を向上させたという実績がないと厳しいでしょう。
コンサルタントは、包括的な視野が必要になってくるため物を作る部分だけ研究するのではなく、下調べ、世論調査、計画、費用対効果など総合的な判断が必要になります。プロジェクトの初期段階からの経験が重要です。

 

コンサルタントとは

コンサルタントの仕事は正式には、「企業の経営状況を理解してその改善や向上に役立つ助言をする職業」とされています。役割としてはアドバイザーやコーチのような役割と考えればイメージしやすいでしょう。簡素化して言ってしまえば、「いかに利益を出すか」という一点に尽きます。どのような知識を兼ね備えている必要があるかというと、

 

  • 客観的視点でビジネスを成功させるノウハウがある
  • ゼロベースからプロジェクトの完成まで組み立てるノウハウがある
  • マーケティングのノウハウがある
  • 費用対効果を過去の事例をもとに導き出すことができる
  • 投資後の戦略が明確に確立されている

 

上記のようなスキルを兼ね備えている人は各企業からオファーが途絶えません。コンサルタントは自分から売り込むというよりもコネクションを通じて依頼されるケースがほとんどです。自分から売り込んで、「経営のノウハウを理解していますよ」と言っても説得力がありませんね。過去の実績や知名度がコンサルタントには必要です。

 

エンジニアからコンサルタントになるにはどうすればいいのか?

エンジニアの方がいきなりコンサルタントとして活躍するのは非常に大変なことです。なにしろ実績がまるでありませんからね。まずは自分の力を示すために中小企業診断士の国家資格を取得してはいかがでしょうか。これはコンサルタントとして必須となる資格ではありませんが、全く無名のコンサルタントには必要な資格といえるでしょう。公的機関や中小企業で働いて実績を作りたいという方は中小企業診断士になることを第一に考えていきましょう。中小企業診断士に出題される試験問題は経済学や経済政策、財務会計、企業経営理論、オペレーションやマネジメントといった企業の運営や経営に関わるノウハウを中心とした内容です。専門書や過去問集が出版されているので、一度目を通してみると良いでしょう。
ただし試験に合格したからといってすぐに資格が取得できるわけではなく、第2次試験に合格後3年以内に実務経験を経る必要があります。または登録実務補習期間における実務補習を受講する必要があります。そして晴れて、中小企業診断士としても資格が認定されるという流れです。
何をもってコンサルタントと言うのかは特に必須資格があるわけではないので難しいですね。
芸能人でも「自分が芸能人です」と言っても誰も知られなければ認知されていないのと同じ。コンサルタントも実績と知名度がなければ、企業から認められていないのと一緒です。

 

コンサルタントとしての実績を作るには

いきなり大手企業のコンサルタントとして働けるのはレアなケースです。まずは中小企業を中心に安価な報酬でも引き受けて経験を重ねることが大切です。
とはいえ中小企業でも相手にしてくれない可能性があります。状況を打開するにはまず自分を売り込む活動を行うこと。例えば研修やマーケティングのセミナーに参加し、名刺交換を積極的に行っていきましょう。パイプを作ることで企業を紹介してもらったり、実績あるコンサルタントの方とつながりが生まれる可能性があります。いきなりゼロの状態から1人でコンサルタントとしての活動を行うのは無理があります。またコンサルタントとして仕事を得たいのなら転職エージェントに行ってコンサルタント経験があるエージェントに相談するのも良いでしょう。専門的なアドバイスをもらい、企業を紹介してもらったり自己PRや職務経歴書の記載方法を教えてもらえます。

 

コンサルタントの年収とは

この職業ほど年収に差がある仕事はありません。野球選手や芸能人などと似ている部分があり、人気があり成績を残している人ほど報酬も跳ね上がります。過去に中小企業診断協会が行った平均年収の調査によると、コンサルタントの業務を常時稼働している独立診断士の場合の年収は500万から800万円程度です。中には3,000万円以上稼いでいるコンサルタントも存在します。コンサルタントの会社に所属しているのか、あるいは独立しているのかでも年収が変わってきます。独立している場合はコンサルタントの業務に携わったときに書類作成やリサーチ費用など別途料金と考えて対価として報酬をもらっているケースがあります。

 

以上、エンジニアからコンサルタントに転職する場合のノウハウや知識についてご紹介しました。ある程度経験が必要な仕事ですから一般的な企業に就職するのとは違って20代の早いタイミングでなければいけないということもありません。30代や40代の方が活躍している業界です。しっかりと知識と経験を身に付けコンサルタントを目指していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ

エンジニアからコンサルタントに転職するには関連ページ

営業へ転職
エンジニアから事務職へ
デザイナーへの転職

このページの先頭へ戻る