エンジニア転職応援サイト/エンジニアの求人は20代と30代では違いがある?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ITエンジニアの転職の悩み「年齢」は足かせとなる?いつまでに転職活動を済ませておくべき?

ITエンジニアが転職できる年齢は何歳まで?タイムリミットはあるのか?/エンジニア転職ランキング

 

ITエンジニアが転職を考える際に、真っ先に脳裏をよぎること。それが「年齢」ではないでしょうか。ITの世界では年齢限界説が特に大きくのしかかってきます。以前までは「35歳限界説」が主流でしたが、最近はそういった風潮もかなり薄くなってきています。

 

ですが、年齢を重ねるにつれて転職しづらくなっていくのは事実です。企業側が人を雇うとき、できるだけ若い人を優先的に採用するのはごくごく一般的なこと。というのが、若い人材の方が人件費を安く抑えられるし、将来性も高いと判断するからです。

 

言い換えれば、年齢相応、あるいはそれ以上の能力を持っている人材であれば多少の人件費がかさんでも欲しいと思うのが企業であり、転職市場の理です。

 

始めから厳しいことを言うようですが、年齢に関わらず、スキルの高いエンジニアはどの年代であろうと、年齢層であろうと転職先は見付かるでしょう。ですがスキルの低いエンジニアにとってはなかなか働き口が見つからない可能性も出てきます。

 

それを見極めるためには、年齢だけに限らず、今自分が持っているスキルや実績が転職市場に沿うものなのか、市場価値のあるものなのかを判断しなくてはなりません。

 

50代エンジニアの転職を実現させたワークポート

 

ITエンジニア達の転職事情を知る!ベストなタイミングはいつなのか?

 

まずはITエンジニアの転職事情から考えてみたいと思います。どんなタイミングで転職を考えるのがベストなのかを見てみましょう。

 

ITエンジニアの転職が多い年齢層は20代〜30代

 

転職サイトなどの求人情報を見てみると、やはり活発なのは20代〜30代のエンジニアの募集です。20代は全般、30代は中頃までの募集が特に多いように見受けられます。

 

しかしマネジメント経験のある人に関して言えば特に年代は限られません。通常のITエンジニアとして必要なスキルはもちろんなのですが、それに+αして管理者としての能力があれば一気に選択肢が広がる傾向にあります。ITエンジニアだけに限った話ではなく、他業種にも共通していることですよね。

 

その背景に「マネジメントスキルは1度身につければ将来ずっと役立つものだから」という点が挙げられます。

 

新しい技術が次々と登場してくるITの世界では体力的にも柔軟性的にも優れている若い人たちの方が有利に働きます。これは人間という生き物である以上避けられません。

 

ですがマネジメントスキルは希少価値が高い上に、その人自身が持つパーソナルスキルに分類され、どの企業、どの職場に移っても必ず役立ってくれます。基本的に時代の流れと共に変化するものではありませんし。こういった点が高く評価されやすいんですね。

 

転職が多い年齢層は20代〜30代となりますが、この年代のうちにマネジメント経験を持っているか否かで転職の内容は大きく変わってくるでしょう。理想を言えば30代中頃…35歳くらいまでにプロジェクトリーダーまたはサブリーダー的な仕事の経験を持っているとキャリアプランとしては理想的です。

 

20代の転職環境

20代のITエンジニアにとっての転職の環境は、かなり良好だといえます。もともとITエンジニアの求人情報は安定して数がある中で、勉強意欲や体力があり、就職してから、ある程度長期間に渡っての継続的な貢献が見込める20代の採用については、非常に積極的に行われています。

 

ITエンジニアというと、経験や知識の豊富さが転職の際のキーポイントになると考えている人も多いでしょう。事実、経験の長さは、ITエンジニアが転職するときに、しっかりアピールすべきことではあります。けれども、プロジェクトやチーム単位で作業をすることも多いITエンジニアの場合、年令のバランスや、言葉は悪いですが「使いやすさ」を重視する場合も多々あります。その点で20代というのは、採用する側にとってメリットも大きいのです。

 

需要はたくさんあるので良い転職先を見極めるサポート力のあるワークポートがおすすめ

 

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

 

採用されやすい分、つい目先の条件で転職してしまいがちなのも20代のITエンジニアの特徴です。20代の、買ってくれる相手が多い状況を生かして、この時期に転職で確実に自分のキャリア形成を行えるかどうか、ということが30代以降のITエンジニアの「差」になるといっても過言ではありません。求人を見極める目を持って、転職先を決定していくとよいでしょう。

 

ワークポートから新しい職場へ

 

30代の転職環境

ITエンジニアは、若ければ若いほど就職、転職にアドバンテージがある職業だと言われています。とはいえ30代のエンジニアに転職のチャンスがないわけではありません。全くの未経験ともなると確かに難しいかもしれませんが、30代での転職を早いうちから視野にいれ、確実にキャリアパスを描いてきた人であれば、良い求人と巡りあうことは可能です。

 

では具体的に、30代のITエンジニアの転職のために、必要になることはなんでしょうか。30代であれば、誰でもある程度の長さの経験を持っていることは、いわば前提条件になります。問題は、その経験の中身です。ITエンジニアとして仕事をしてきた、といっても、長年システムの設計と構築に携わってきた、という場合と、運営や保守だけをしてきた、という場合では、転職の幅やキャリアアップの可能性が全く違ってきます。そのため、同じ企業内では保守業務以上のことはやらせてもらえる見込みがない、といったあたりの見極めが20代のうちについていれば、その時点でより高度な業務へとステップアップできる企業へ転職する、ということもできます。

 

経験を活かしつつ未来を見据えた転職はマイナビエージェント×IT

 

マイナビエージェント×IT

求人数 運営会社 口コミ評価
18,000件以上 株式会社マイナビ 5つ星

 

ITエンジニアにとって必要な知識というのは、日々変化、進化するといっても過言ではありません。ですから、どんなに経験を積んだエンジニアでも、常に勉強をし続ける意欲があることはもっとも大事なことです。けれども、30代のエンジニアが転職、キャリアアップを考える際に、自分が今の時点でどれくらいの知識とスキルをもっているのか、そして今後何を勉強すべきなのか、ということの指針になるものはあります。それは資格です。エンジニアの資格としては、情報処理やベンダー資格があります。資格は自分の勉強の目標をはっきりさせてくれるだけでなく、転職そのものにも大きな効力を発揮します。

 

マイナビエージェント×ITでキャリアアップ

 

ITエンジニアの転職で「遅い」と言われる年齢は何歳くらいからなのか?

 

実務能力の観点から言えば、30代までがメイン層となり、40代以降になってくると現場の仕事というよりは管理者としても仕事が求められるようになります。そしてこれはそのまま転職市場にも当てはまります。

 

転職サイトを見ると40代以降のITエンジニアの求人は20代、30代と比べて一気に減少する傾向にあります。全くないわけではありませんが、最低限マネジメント経験を持っていないと厳しいですね。

 

その他にも特定の領域における専門性の高いスキルを身に付けていれば40代以降でも採用される可能性は十分あります。

 

厳しいようですが、これらのスキルや実績を持ち合わせていない人は市場価値が低いとみなされ、転職を考える頃には転職先が全く見つからない…という可能性も十分考えられます。そうなってしまうと「転職を考えるのが遅かった」ということになりかねません。

 

逆に転職が早すぎる年齢は存在するのか?

 

基本的に無いものだと考えて差し支えありません。ですが年齢だけに限らず、転職するタイミングをしっかりと見図らう必要があるのは当然のことです。

 

例えば20代のうちにプロジェクトリーダー、あるいはサブリーダーとして抜擢され、活躍できる機会が訪れたとします。しかしそのタイミングで転職してしまったらどうでしょうか。貴重なマネジメント経験を捨てて転職することになり、次の職場で同様のチャンスが巡ってくるとは限りません。

 

技術の習得に関しても全く同じことが言えます。企業によって習得できる言語やスキルは異なりますが、いずれにしても最新の技術に触れる機会は優先したいものです。

 

  • リーダー職をやらされるのは嫌だから
  • 勉強会ばっかりでしんどい

 

といった理由で転職をするのは将来のキャリアパスを考えるとおすすめしかねます。もちろんこれらを理由でズルズルといつまでも転職できないのも問題ですので、どのタイミングで転職活動に踏み切るのかをじっくりと判断していく必要があるでしょう。それさえ意識していれば「転職が早すぎる年齢」は考慮する必要はありません。

 

ITエンジニアの転職は年齢によるタイムリミットがあるのか?

 

ITエンジニアとして転職する際、タイムリミットとなる年齢は存在するのか、いつまでなら転職できるのか…について紹介していきます。また合わせて未経験業種からの転職や男女差についてもみてみましょう。

 

同業種への転職における年齢は何歳まで?

 

できれば若いに越したことはありませんが、これまでのスキルや実績が十分なら特に年齢によるタイムリミットを気にしなくても大丈夫です。

 

特段優れた実績やスキルを持っていないなら、40代あたりがタイムリミットの目安となるでしょう。これ以上になってくると、マネジメント経験などがなければ採用に積極的な企業はあまり多くない印象です。

 

同業界の異業種に転職できる年齢は何歳まで?

 

同じIT業界内、例えばweb業界などに転職する場合の年齢はどうでしょうか。こちらもやはりできるだけ若いに越したことはありません。というのも、同じIT業界とはいえ、異業種に転職すれば学ばなくてはならないことがたくさんあるからです。

 

先程も紹介したように、例え未経験者だったとしても、年齢が高ければ相応の給料を支払わなくてはならない、というのが日本の風潮。それならいくらITスキルを持っているとはいえ、できるだけ安く済ませられる若い人たちを優先的に採用するのは当たり前と言えます。

 

ここでもマネジメント経験など管理者としての能力があれば有利に働いてくれます。いずれにせよ、できるだけ早い段階で転職を検討するべきでしょう。可能なら30代のうちに転職活動を始めるのが良さそうです。

 

異業界への転職は何歳まで?どの業界にするかにもよる

 

IT業界を飛び出して、未経験業種に転職したい!となるとハードルはそれなりにシビアなものとなってきます。例えば未経験者でも大歓迎している業界、看護や福祉、軽作業、工場…なら40代、50代からでも十分狙っていける範囲になります。

 

しかしほとんどの業界はやはり若い人ほど転職が有利になり、年齢を重ねるにつれて段々厳しくなっていくのが普通です。

 

これまでに培ってきたITエンジニアとしてのスキルを生かせる分野、例えば事務系の仕事でエクセルをフルに活用するような職場ならまだ十分転職を狙っていけると思いますが、そうでないなら20代〜30代のうちに転職を済ませておいた方が良さそうです。

 

未経験業種からITエンジニアに転職したい場合の年齢は何歳が限界?

 

ハッキリ言ってしまえば即戦力にならない人材は喜んで採用されるはずがありません。比較的体力のある企業なら「未経験者をイチから育てて行こう」というところもあります。ですがそこには当然年齢的な縛りも発生します。

 

今は「○○歳以上、○○歳まで」と求人票に書くことができません(年齢制限禁止)。そのため何歳でも応募自体はできます。ですが採用されるかと言えばやはり厳しいでしょう。未経験者なら20代、未経験だとしても職業訓練などである程度の知識を持っているなら30代…といったところでしょうか。

 

40代以降からITエンジニアに転職するのは少々厳しい部分があります。ITエンジニアの世界なら、早ければ20代後半から、多くの人が30代中頃までに何かしらリーダーの立ち位置を経験するものです。これがない状態で40代以降となると厳しいと言わざるを得ません。

 

ですが諦めるのはまだ早いです。というのも、未経験業種で年齢がある程度高くても、採用された実績は数えればいくつでも出てきます。簡単なことではありませんが、IT分野に飛び込みたい!という情熱、そして採用されるためにできることを工夫すればノーチャンスではありません。

 

ITエンジニアが転職できる年齢は何歳まで?タイムリミットはあるのか?/エンジニア転職ランキング

 

ワークポートの完全未経験限定エンジニアスクールや有料の講座などを利用して経験はなくても知識はあることをアピールしよう!

 

男性と女性とで年齢のタイムリミットが異なる?どちらがより有利なのか?

 

男女によって年齢のタイムリミットが異なる部分もあります。一般的に女性は30代以降になると家庭を優先する傾向にあるため「長く働かないだろう」と考えられてしまいがちです。そしてこれはIT業界にも同じことが言えます。

 

男性のタイムリミットは40代くらいが目安の1つとなっていますが、女性の場合は30代後半あたりから少々厳しい部分も見えてくるのではないでしょうか。

 

もちろん全ての女性が結婚するわけではありませんし、結婚したからといって子供を作るとは限りません。男性以上にバリバリ仕事に打ち込む人がたくさんいるにもかかわらず、こういった風潮の強さが女性の転職活動の妨げになっているのは悲しい事実ですね。

 

面接などでその点をきちんとアピールできる、相手に理解してもらえれば男性と変わらない転職を実現することはできるはずです。逆にここを聞き入れられない企業とは縁が無かったと考えるのが精神衛生上良いかと思います。

 

大手企業やベンチャー企業で求められている年齢層に違いがある?

 

これは間違いなく異なります。大手企業は若いうちから人材を確保し、長期に渡って育てて行こうと考えるところが多いです。一方のベンチャー企業は、即戦力となる人材を求める傾向が強く、実力さえあれば30代、40代でも積極的に採用することもあります。

 

なので現在ITエンジニアとして活躍している人は、多くの方がベンチャー企業に転職する形になると思います。

 

しかし最近では大手企業も中途採用、キャリア採用を積極的に行っているところも。当然求められるスキルは一段と高いものとなってはきますが、採用されれば高い年収が期待できたり、良質な福利厚生を享受できる可能性も。

 

ベンチャー企業だからダメ、ということはありません。最近はメキメキと実力を伸ばし、急成長を遂げている企業もたくさんあるからです。

 

「年齢のせいで大手企業になかなか採用されない…」と嘆いている人はベンチャー企業も視野に入れるべきです。大事なことは自分が最も活躍できるフィールドを探すこと。重ねてきた年齢を基に戻すことはできません。これまでの自分自身の積み重ねをぶつけられる企業を探してみましょう。

 

転職する時に自分の年齢が気になる人はどうすれば良い?具体的な対策方法のまとめ

 

転職時に年齢が障害となってなかなか一歩目を踏み出すことができないこともありますよね。ここではそんな人たちにアドバイスを贈りたいと思います。

 

求人案件で求められている人材の年齢よりもオーバーしているときはどうしたら良い?

 

今は求人情報で「○○歳まで!」と明記することはできません。ですがそれとなく何歳くらいまでの人材を求めている…と匂わせるものはたくさんありますよね。

 

年齢がオーバーしているときは一体どうすれば良いのか、選択肢から外すより他ないのか…と暗い気持ちになりますが、実は「とりあえずエントリーするだけなら大丈夫」なんです。

 

その後、面接までたどり着くことができるか否かはまた別の問題となってしまいますが、応募したときに「この人はこんなふうに活躍してくれるかもしれない」と相手に期待させられるだけの実績やスキルがあれば採用される可能性は十分あります。

 

とはいえ、正直なところ年齢がオーバーしているのならあまり期待はできないでしょう。時間効率的にも決して良いものとは言い難いです。

 

特に30代後半〜40代以上のITエンジニアに当てはまるケースが多いと思います。その時は40代以上のITエンジニアの転職の実績のある「ワークポート」などの転職エージェントサービスを活用してみるのもひとつの方法です。

 

ワークポートはIT業界やゲーム業界、クリエイティブ業界の転職に特に強みを持っているエージェントサービスで、非公開求人の数も多く、どんな人でも満足のいく転職結果を残すことで高く評価されています。

 

年齢を壁に感じられる人にとって最優先で活用したい転職エージェントサービスです。

 

ITエンジニアで年齢不問の業種は存在するのか?

 

結論からいえば年齢不問で誰でもOK!な仕事はほぼありません。例えばマネジメントスキルを持っている、管理者としての経験がある、優れた実績をもっているのなら業種は関係なく、採用される可能性は出てきます。

 

ですが今まで自分が培ってきたスキルが役立つ…つまり即戦力として働けることが大前提となり、企業としてはできるだけ若い人材を優先して採用したい、という思惑があるので壁となりうるでしょう。

 

IT業界で働く以上、日進月歩の世界で常に勉強し続ける必要があり、それに即したスキルを持ち合わせていなければ年齢不問で働くのは厳しいです。

 

ですが全くもって道が閉ざされているわけではありません。例えば「フリーランス」として活躍することだって選択肢の1つとなってくれるでしょう。

 

最近はクラウドソーシングサービスの数も増えてきて、インターネット上で仕事を受け、仕事をこなし、納品するスタイルも定着しつつあります。早い話が自分自身が個人事業主となってITエンジニアとして活躍してしまえば、年齢なんて関係ありませんよね。

 

年齢が気になって転職活動が思うようにできない。だからフリーランスとしてがんばろう!という方には「レバテックフリーランス」を候補の1つに考えてみて欲しいと思います。

 

フリーランスITエンジニアのための求人や案件情報をまとめたサイトで、直請け案件がとても多く、満足のいく収入が得られる人が多数。登録したスキルや要望に合わせて案件を提案してくれるので、仕事のミスマッチが少ないのも注目ポイントです。

 

またフリーランスについて回る「営業」の部分をレバテックフリーランスが代行してくれるため、仕事だけに集中できる環境も素晴らしいですね。

 

転職時の年齢によって収入が変化する?最も収入が上がりやすい転職時期とは?

 

日本は年齢の高い人ほど収入が高くなりやすい傾向にあります。IT業界など比較的先鋭的な業界はまだ緩やかな方ですが、それでも間違いなく年齢に比例して給与が高くなるのは間違いありません。

 

今の職場で年齢相応の給与を得られていないのなら、転職によって簡単に年収が上がる可能性は十分あるでしょう。

 

ですがここまでで何度も紹介してきたとおり、基本的に年齢を重ねるにつれて転職の難易度は高くなっていきます。相応のスキルや実績がなければ厳しいものとなるので「転職すれば簡単に年収が上がる」とは言い難い部分がありますよね。

 

年齢を念頭においた最も収入が上がりやすい転職時期…を考えると30代あたりがピークになるのではないでしょうか。30代ならまだまだ十分求人が見つかりますし、マネジメント経験があればそれだけで収入アップの可能性が期待できます。

 

タイミングとしてはプロジェクトリーダーなどを経験した後が良いと思います。実績があればそれだけ転職難易度も下がり、年収アップも期待。

 

もちろん40代以降でも転職先が見つからば年収アップが期待できます。ですが自力で見つけ出すのは少々難しいかもしれません。

 

もしも年齢による収入が心配なら「レバテックキャリア」の活用を検討してみてはいかがでしょうか。こちらはエンジニア・クリエイター専門の転職エージェントサービスで、IT業界での転職で心強い存在となっています。

 

IT業界に精通しているキャリアアドバイザーが徹底的なキャリアカウンセリングを行い、一人ひとりのパーソナリティや志向性に合った求人を提案してくれます。また業界の市場価値を徹底的にリサーチすることにより、転職者が満足できる年収アップに結びつく支援を行っているのも注目ポイント。

 

ITエンジニアの年齢ごとの転職事情と転職回数を見てみよう

 

これまでの転職回数が多すぎるとそれがネックとなって採用までこぎつけないケースもあります。

 

例えば「年齢の割に転職回数が多い。飽き性なのかな?」「色々な職場を転々としているようだけれど、職場に馴染めない性格の人なのかな?」といった風に捉えられる可能性もあるからです。

 

そこでここでは各年齢ごとの転職事情と転職回数を大まかにまとめてみました。

 

20代

 

20代の転職事情を見てみると、多くは次のようになっています。

 

  • やりたい仕事じゃなかった
  • もっとスキルアップできる環境に身を置きたい
  • 会社や業界の将来に不安を感じる
  • 残業が多すぎる

 

主にキャリアパスに関連する転職理由、そして会社への不満がメインとなってきます。では20代のITエンジニアの場合、転職回数は何回くらいに抑えておきたいものなのでしょうか。

 

20代前半なら1〜2回、20代後半なら2〜3回程度に抑えておきたいところ。それ以上の回数があると「何か問題があるのでは」と思われても仕方がありません。

 

30代

 

30代の転職事情は次のようになります。

 

  • キャリアプランの形成
  • 年齢に見合った収入
  • ライフスタイルの変化による働き方

 

30代になると結婚したり、子供が生まれたりしてライフスタイルが大きく変化する人が増えてきます。そうなるとより一層仕事に打ち込みより大きな収入を得たいと考えるか、あるいは家庭と仕事の両立を目指していきたいか、と考え方も分かれてくるでしょう。

 

転職回数は2〜3回程度であれば特に問題ありません。ですが4回以上の転職回数があるとあまり良い印象を与えることはできないでしょう。

 

40代

 

40代の転職事情は次のものが挙げられます。

 

  • 年収アップ
  • 働き方の変化
  • キャリアを活かした転職

 

40代ともなるとマネジメント経験が豊富だったり、大きなプロジェクトの実績を持っていたり…と転職に活かせる材料が増えてきます。そしてそれを歓迎する企業はたくさんあります。こういった背景もあって転職を考えるケースが増えてくるでしょう。

 

転職回数は3〜4回程度に抑えておきたいところ。

 

50代

 

50代の転職事情は次のようになっています。

 

  • 年収アップ
  • キャリアを活かした転職
  • 体力に合わせた転職

 

基本的には40代と同じような転職事情、動機となっています。やはりこれまでの経験を活かした転職に繋げる方向で考えるのがベスト。また体力的な面からもハードに働くよりほどほどに働きたい!と考える人も出始めます。

 

転職回数については多くても少なくてもあまり問題とはなりませんが、できれば5回以内には収めておきたいところです。

 

ITエンジニアの転職は退職金をもらうことはできるのか?年齢は関係あるか?

 

実は退職金は日本的な給与システムなんだそうです。日本の企業では一般的ですが、労働法規に定められているわけではなく、就業規則に退職金に関する内容が盛り込まれていないのなら、支払う必要はありません。

 

古くからある会社の場合は退職金制度を設けているケースが多いのですが、団塊の世代の退職金による支払いの圧迫がきつく、これを機に退職金を見直す、あるいは退職金制度そのものを廃止する企業も増えてきているんだそうです。

 

こういった背景もあり、立ち上げ当初から退職金を用意していないIT企業が増えています。特に中小企業やベンチャー企業に強く見られる傾向ですね。

 

大手のIT企業の場合は退職金が出ることもありますが、そうでないならあまり強く期待しないのが無難でしょう。

 

退職金の額については年齢が関係している、というよりは勤続年数が重要となります。基本的に勤続年数が長いほど退職金の額も大きくなりやすいようです。

 

しかし残念ながら退職金額については各企業の裁量によるところが大きいので「○○万円もらえれば上出来」といったボーダーラインが不明瞭。

 

退職金がもらえるか分からない状況にあるのなら、それに見合うだけの賃金アップ、年収アップを期待して転職活動に踏み出すのを前提として動き始めたいものです。

 

まとめ:ITエンジニアの転職は年齢とタイミングが重要!

 

ということで今回はITエンジニアの転職を年齢と絡めて紹介してきました。結論は「できるだけ若い方が有利なのは間違いない」ということ。ですが年齢を重ねていても、相応の実績やスキルを持っていれば十分転職先を見つけ出すことができます。

 

特に30代後半あたりから40代くらいにかけて求人の数が大幅に減り始めます。だからといって焦って適当な会社に転職すると失敗のもとに。

 

そうならないためにも、転職エージェントサービスを活用し、仕事のミスマッチを極力減らし、本当に自分が希望する転職を実現させる必要があります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る