エンジニア転職応援サイト/エンジニアの求人は20代と30代では違いがある?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア20代の求人と30代の求人を比べてみる

20代の転職環境

エンジニアの転職事情

20代のエンジニアにとっての転職の環境は、かなり良好だといえます。もともとエンジニアの求人情報は安定して数がある中で、勉強意欲や体力があり、就職してから、ある程度長期間に渡っての継続的な貢献が見込める20代の採用については、非常に積極的に行われています。

 

エンジニアというと、経験や知識の豊富さが転職の際のキーポイントになると考えている人も多いでしょう。事実、経験の長さは、エンジニアが転職するときに、しっかりアピールすべきことではあります。けれども、プロジェクトやチーム単位で作業をすることも多いエンジニアの場合、年令のバランスや、言葉は悪いですが「使いやすさ」を重視する場合も多々あります。その点で20代というのは、採用する側にとってメリットも大きいのです。

採用されやすい分、つい目先の条件で転職してしまいがちなのも20代のエンジニアの特徴です。20代の、買ってくれる相手が多い状況を生かして、この時期に転職で確実に自分のキャリア形成を行えるかどうか、ということが30代以降のエンジニアの「差」になるといっても過言ではありません。求人を見極める目を持って、転職先を決定していくとよいでしょう。

 

30代の転職環境

エンジニアは、若ければ若いほど就職、転職にアドバンテージがある職業だと言われています。とはいえ30代のエンジニアに転職のチャンスがないわけではありません。全くの未経験ともなると確かに難しいかもしれませんが、30代での転職を早いうちから視野にいれ、確実にキャリアパスを描いてきた人であれば、良い求人と巡りあうことは可能です。

 

では具体的に、30代のエンジニアの転職のために、必要になることはなんでしょうか。30代であれば、誰でもある程度の長さの経験を持っていることは、いわば前提条件になります。問題は、その経験の中身です。エンジニアとして仕事をしてきた、といっても、長年システムの設計と構築に携わってきた、という場合と、運営や保守だけをしてきた、という場合では、転職の幅やキャリアアップの可能性が全く違ってきます。そのため、同じ企業内では保守業務以上のことはやらせてもらえる見込みがない、といったあたりの見極めが20代のうちについていれば、その時点でより高度な業務へとステップアップできる企業へ転職する、ということもできます。

 

エンジニアにとって必要な知識というのは、日々変化、進化するといっても過言ではありません。ですから、どんなに経験を積んだエンジニアでも、常に勉強をし続ける意欲があることはもっとも大事なことです。けれども、30代のエンジニアが転職、キャリアアップを考える際に、自分が今の時点でどれくらいの知識とスキルをもっているのか、そして今後何を勉強すべきなのか、ということの指針になるものはあります。それは資格です。エンジニアの資格としては、情報処理やベンダー資格があります。資格は自分の勉強の目標をはっきりさせてくれるだけでなく、転職そのものにも大きな効力を発揮します。

 

エンジニアの転職事情

エンジニアは実のところ、なんでも屋ではありません。なんとなく、システムに関して全てのことがそれなりにできる人、というイメージがあるかもしれませんが、エンジニアは最終的に構築を行う人ですから、1つ1つのパーツを自分で作れずとも、マネジメントする能力があれば良いのです。とはいえ、データベース、それからコンピューターネットワークについてのスキルと知識は、30代での転職を考えるなら、しっかり深めておきたい分野です。そして、意外と見落とされがちなのが語学スキル。特に30代では、チーフ的な役割の求人に応募することも多いと思いますが、海外のインフラ整備など、英語で業務上のコミュニケーションが可能であれば、求人の量も質もぐっと増えると考えていいでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

公式サイトへ


@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る