エンジニア転職応援サイト/エンジニア転職の知識

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニアの転職事情

エンジニア転職の知識

 

エンジニアとして転職したいと考えている方も多いと思います。もともと、エンジニアというのは、ニーズがとても高い職種です。慢性的な人材不足ともいえるのです。というのも、爆発的なITの普及というのが、その背景にあります。かつては特殊だったパソコンなどのITは、いまや一般にまで普及しています。そのため、プログラミングやシステム構築などに携わるひとが増えているのです。
こういったなか、エンジニアとして転職をするという人も少なくありません。エンジニアとして転職をする人が多い理由の一つが、未経験者であっても、30歳くらいまでであれば、採用してもらえる業種だということがあるでしょう。エンジニアというのは、人手不足が慢性的になっているともいえます。そのため、他の業種にくらべて、未経験であっても、採用される可能性が高いのです。こういった初心者の場合には、会社での研修などを使って、スキルを高めていくことになります。

 

経験者の転職

また、経験者の場合でも、エンジニアとしての転職というのがあります。経験者といっても、エンジニアの仕事は、多岐にわたりますので、前の会社とまったく同じ分野になるというわけではありません。そのため、たとえ中途であったとしても、新しい会社でエンジニアとして働くにあたっては、研修期間などがある場合もあります。
ただし、転職先の会社が求めているスキルを持っているエンジニアだった場合、その収入などが、ぐっと上がるという可能性もあります。優秀なエンジニアは、得意分野を持っていることが多いのですが、そういったスキルと、会社のニーズがマッチした場合には、そのような高収入が得られることがあるのです。

 

こういったニーズがマッチした転職こそ、成功だといえるでしょう。こういった成功といえる転職を実現するためには、エンジニア専門の転職サービスを活用するというのも、ひとつの方法です。一般的なハローワークなどとは違い、特殊なスキルや、エンジニアの技能などのニーズをマッチさせたり、専門的なコンサルティングを行ってくれるというのも、こういったエンジニアのための転職サービスのメリットだといえるでしょう。転職先で、自分の技能を活躍させるためにも、転職を成功させるために、こういったプロ専門の転職サービスを利用することが、有効だといえるでしょう。

 

これで内定率アップ!?エンジニア希望者が転職活動前に行うこと

エンジニア転職活動

 

どの分野のエンジニアを目指すのかをまずは明確に!エンジニアと一言で言っても非常にくくりが大きすぎますね。例えばデザイナーも絵を描く人もいれば、Web上で作成する人、物を作る人など様々。それと同様にエンジニアにも色々な分野に分かれます。有名なところだと機械エンジニア、電気エンジニア、半導体エンジニア、データベースエンジニアなどがあります。また場合によっては機械系や電気系はネットワークエンジニアやシステムエンジニアと呼ぶケースもありますね。この中で自分がどの分野に属しているのかをまず理解することが重要です。
例えばネットワーク系のエンジニアならパソコンに関する構築や設計、管理等の知識を求められます。他にもルーターに関する知識、セキュリティに関する知識、トラブルシューティングに関する知識などがあれば転職の際に優位に働くでしょう。自分の持っている知識でネットワークやセキュリティに強いと思えばネットワークエンジニアやシステムエンジニアへの道が開けてくるでしょう。サーバー構築や管理に自信があるならサーバー構築・運用のエンジニアを目指すべきでしょう。
適切な分野に転職しないと望んでいた環境と違うということになりかねません。
もちろん面接の際にミスマッチを防ぐため、具体的な仕事内容や作業について聞いておく必要があるでしょう。エンジニアが多数在籍している企業であれば問題ありませんが、少数精鋭のエンジニアのみ採用しているところではミスマッチが多くなっていますので注意が必要です。

 

→人気のIT系エンジニア転職特集

 

エンジニアとしてのスキルを再確認

例えば自分はネットワークエンジニアに向いていると思っていても、そのスキルが一般的にどのぐらいのレベルなのか計りかねる部分があるでしょう。まずはネットワークエンジニアに関連する書籍やサイトを閲覧し、自分のスキルが不足していないか再確認しましょう。一番わかりやすいチェック方法はネットワークエンジニアがよく取得する資格の基礎レベルを確認すること。ネットワークのセキュリティや運用トラブルシューティングの知識を必要とするCCENT、LANやWANに関する知識を必要とするICND2、中規模ネットワークの導入や設定の知識を必要とするCCNA、LANおよびWANの計画や実装、その他トラブルシューティングに対する知識を必要とするCCNPの試験内容を理解しておくことができれば、ネットワークエンジニアに関する基礎知識があると考えて問題ありません。
例えばその試験内容に出てくるCisco SDMの使用、共有LANの知識、シリアル カプセル化の設定、RIPの有効化、VLSMの実装、VLAN間のルーティング等を理解しておけば十分に転職先でも役立つことでしょう。
もし自分に知識が足りないと感じれば関連書籍を入手して勉強したり、自習教材のe-ランニング等を購入して勉強するのも一つの手段です。

 

転職先に必要な資格を検討する

エンジニアの仕事は面接時にアピールがしにくい職種でもあります。例えばデザイナーであれば、自分の作ったデザインを見せることで一目でスキルを把握することができます。しかしエンジニアの場合は過去の制作物や形に残るものというのがないですからスキルの伝えるのが難しい分野でもあります。そんな時は資格を検討するのも良いでしょう。例えばCCENTの資格を所有していればネットワークサポート関連の仕事やトラブルシューティングの対応業務をこなしていたのかなと担当者に理解してもらえるはずです。(ただし面接官がエンジニア関連の知識がないと伝わりませんが・・・)

 

履歴書や職務経歴書に取得した資格を記載するだけでもかなりの評価につながるはずです。書類選考で落ちるということはまずないでしょう。自分がどの分野のエンジニアを目指すかによって資格が異なります。

 

例えばネットワークエンジニア系の仕事に就きたいならCCENT、ICND2、CCNA、CCNPが有名です。サーバー系のエンジニアを目指したいならLPIC、ITILが良いでしょう。システムエンジニアを目指すならOracle認定Javaプログラマ、Excel VBA ベーシック、Access VBA ベーシック、Oracle認定 Webコンポーネントディベロッパなどの資格が重宝されます。エンジニアに転職する場合、資格が必須条件ではありませんが資格があればどの分野の知識に精通した人物なのかを理解してもらうことができるので、そういった意味では武器になることは間違いありません。

 

職務経歴書を魅力的に!

いきなりエンジニアに応募するのではなく、まずは職務経歴書にエンジニアとしてのスキルや経験を具体的に記載するようにしましょう。概要だけではなく具体的な仕事内容を記載することで、相手方企業にどの分野に理解のある人物なのか伝えることができます。
具体例として挙げると、
「システムエンジニアとしてコンピューターシステム設計を担当。会社のサイトシステム構築、ECサイトの開発、LAMP環境での設計や開発も担当していました。サーバー側で動JavaやJSP・Servletに関する知識も理解しております。その他、IPサービスやトラブルシューティング、WANテクノロジーなどに関する知識も実務経験の中で得ることができました。」

 

このように担当業務だけでなく、実務の現場で得た知識やスキルも記載することでどのような分野に精通しているのかが伝わります。もし休職期間中にブランクが数ヶ月空いたとしてもシステムエンジニアとして勉強の時間に充てていたと言えば、それほどマイナスにはならないでしょう。その期間に資格を取得できれば尚ベストです。ブランクよりも経験豊富な知識やスキルを必要としている職種ですから、ブランクに関してあまり気にする必要はないでしょう。

 

 

以上、エンジニアが転職活動前に行うべきことについてご紹介しました。まずは自分のエンジニアとしてのスキルや知識を整理し、方向性を定めて転職活動を行えばそこまで苦労することなく内定を得ることができるでしょう。スキルのあるエンジニアの求人は豊富です。自分の転職先に求めることをしっかりと決めて、失敗のない転職を目指して頑張りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニア転職の知識/エンジニア転職ランキング記事一覧

エンジニアにはアルバイトとして働く道もあります。エンジニアのアルバイトは、平均的な時給が2000円くらいです。一般的なアルバイトと比べれば、高めの賃金設定だといえるでしょう。メンテナンスや管理がメインの場合には、もう少し賃金が低い場合もあります。逆に、深夜のシステム監視だったり、ネットワーク構築のサポートといった内容であれば、本格的なエンジニアとしての仕事をサポートすることになります。これも、エン...
ITエンジニアが転職を考える際に、真っ先に脳裏をよぎること。それが「年齢」ではないでしょうか。ITの世界では年齢限界説が特に大きくのしかかってきます。以前までは「35歳限界説」が主流でしたが、最近はそういった風潮もかなり薄くなってきています。ですが、年齢を重ねるにつれて転職しづらくなっていくのは事実です。企業側が人を雇うとき、できるだけ若い人を優先的に採用するのはごくごく一般的なこと。というのが、...
以前の日本では終身雇用制や年功序列がが原則で、一度入社した会社で定年まで勤め上げるのが普通でそれが美徳だとされていました。しかし、不況でリストラされるということも多くなり、転職を考える人、考えざるを得ない人が増えています。しかし転職は随分と一般化しましたが、転職に関するノウハウをみんなが持っているかというとそうではなく、どのように転職活動をすればいいのか悩む人が多いのが現状です。中でもエンジニア向...
転職をするときに頭を悩ませるのが自己PRですよね。エンジニアに転職する場合自己PRするときには実務のスキルレベルと自分の性格などを表現しなければいけません。エンジニアというのは技術職なのでエンジニアとしての技術の高さなどは明確なことですのでスラスラと書けると思います。転職するにあたってスキルなどももちろん大事な要素ではあるのですが、個人のキャラクターというのは思っている以上に転職活動にとって重要な...
エンジニアは聞く限り、他の職種よりも転職が多い職場かもしれません。理由は様々で給与や残業時間などの待遇面での不満や、通勤時間など環境面の変化、そして自分のステップアップや、能力面の向上などいろいろと上げられます。今の時代、決して転職は珍しいことではありません。終身雇用制など既にないに等しく、万人が自分にあった生き方をそれぞれの考えの下で決めていく時代です。実際、安定感の代名詞と言われる公務員でさえ...
年収がとても高い業界を問われると、第一に思いつくのがIT業界という印象があります。いきなり出てきて大企業と肩を並べるベンチャー企業などが多数存在するのがその理由です。それ故IT業界内には、凄く儲かる職種が多く存在しているイメージもあります。当然、主にIT業界で働くエンジニアも高い収入を得ていると思われている方が多い事でしょう。エンジニアの実際の年収それではエンジニアの収入というのは、実際どれくらい...
コンピュータを使って生活をするのが当たり前の時代になったことによって、たくさんの方が気軽にコンピュータを利用するようになってきました。ご自分でパソコンを購入し、独学でプログラミングやコンピュータシステム、ネットワークシステムの勉強をされている方も多くなってきています。コンピュータ関連の仕事は需要も高いことから、コンピュータ関連の仕事を行うエンジニアという職業が人気となっているのです。エンジニアとい...
転職活動で避けて通れないのが、企業との「面接」です。書類選考は通り、経験や技術も抜群なのにいつも面接でうまくいかない…そういった悩みをお持ちの方は少なくないはず。特に、人とのコミュニケーションがあまり好きではなく、専門技術で勝負したいからITエンジニアとして仕事をしていた人にとって、面接はかなりの難関だと感じているのではないでしょうか。確かに面接は営業などの職種で、人とコミュニケーションをとること...
エンジニア転職
エンジニアとして働く場合、将来も需要はあるのか不安を抱いている方もいます。ただエンジニアは今後10年、20年先も需要のある職業として存在する可能性が非常に高いでしょう。その理由としてインターネットの普及、ソフトウェアの開発、アプリケーションの開発などが右肩上がりに伸びていますが、システムエンジニアやネットワークエンジニアの数は不足しているからです。しかも流行廃りとは関係なく、今後も続いていく可能性...
エンジニア転職
エンジニアとして転職を考えている人で、「自分の市場価値がわからない」という声も聞かれます。「自分のスキルはどれぐらいなのだろう」、「給料が安いけど自分のスキルだとこんなものなのかな・・。」などと悩んでいる方もいます。そんな時は、まずエンジニアとして自分のスキルを箇条書きで洗い出してみましょう。Java言語の基本文法理解JSP・Servletに関する知識Excel VBAの基本文法理解Linuxシス...
エンジニア転職
いろいろな求人サイトや転職サイトを見るとわかりますが、エンジニアの募集は非常に多いですね。時期を問わず比較的求人数が安定しているので、退職後に転職活動をして新たな仕事先を見つけるという形でも問題ないでしょう。ただブランクが空くとそれだけ生活で支障が出てきます。一人暮らしの方は仕事を辞めた後も毎月の家賃を払わなければいけませんし、食費や光熱費もかかるでしょう。そういった期間を見据えて貯金をしていれば...
エンジニア転職
ほとんど当たり前のことになりますが意外とやっちゃうことをランキングにシてみました。ランキング以外にも転職活動のために無理に休んだり、早退するなども常識的に考えて迷惑をかけてしまいますのでそのような常識を外れた行動は控えましょう。円満退社で次の職場に向かえるよう今の会社への配慮も忘れないようにしましょう。同業種への応募エンジニアの中でもサーバーエンジニアやネットワークエンジニアではそこまで気にする必...
エンジニア転職
最近では自由な働き方を望み、正社員のエンジニアからフリーランスのエンジニアに転身する方も増えてきています。どうしてもエンジニアの仕事は昼夜逆転するケースも多く、タフな仕事としても有名です。「若い頃はそれでも良かったけれど30代後半や40代になってくるとそのような働き方ではちょっと辛いな・・・。」と感じている方も多くいらっしゃいます。そこでひとつの選択肢は正社員からフリーランスになること。特定の会社...
モノづくりエンジニアは多種多様な仕事が存在しますが、特に需要が多いのが産業用機械の設計やテスト。具体的には航空機のエンジン設計や電車や貨物列車のシステム設計、自動車の整備もモノづくりエンジニアの仕事と言えますね。解釈のくくりが大きいので一般企業の仕事もモノづくりエンジニアといえるでしょう。車載用のカーナビを開発している企業もそうですし、次世代通信機器の携帯電話を作ってる会社もそうです。特定の部品を...
ITエンジニアが異業種に転職して上手くやっていけるのだろうか?今現在ITエンジニアとして活躍しているけれど、異業種への転職を検討している方も大勢いらっしゃると思います。日本国内のエンジニアの扱いは手放しに「素晴らしい」と言えるものではありません。今の日本を支えている大事な人材なのにも関わらず、です。将来性が感じられず、いつまでも先の見えない職場で「使い捨てのコマ」のように感じながら働き続けるのは心...

このページの先頭へ戻る