エンジニア転職応援サイト/転職は今がチャンス!

エンジニアの転職に求められるもの

 

エンジニア転職

転職をする場合、企業がもとめているものを、きちんと理解したうえで、転職活動をおこなわないといけません。企業がもとめているもの、それは、経験とヒューマンスキルだといえるでしょう。
経験というのは、やはりこれまで経験してきた仕事やスキル、そして、言語的な知識というのも、経験だといえるでしょう。
それに対して、ヒューマンスキルというのは、もっと一般的な、コミュニケーション能力であったり、リーダーシップだったり、そういったものをさします。

 

求められる優秀な人材に

エンジニア転職

最近では、ヒューマンスキルのほうが、より重視されるような傾向にあるようです。実際に仕事をするための経験やスキルというのが、次になっているような印象すらうけます。
ただし、このようにヒューマンスキル、たとえば、熱意だったり、情熱というのを、自分の売りにして転職活動をする場合、単にここで働きたい、というのではなく、その技術をどうしたいのか、と、深く考えて、希望をすることが必要なのではないでしょうか。エンジニアは、つねに人手不足だというふうにいわれていますが、実際には、だれでもいいというわけではなく、優秀な人材が不足しているとも言えるのです。

 

エンジニア転職にはプロのサポートを

エンジニア転職情報

ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

 

詳細へ

 

レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

 

公式サイトへ

 

@Agent(アットエージェント)

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

 

詳細へ

 

ヒューマンタッチ

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 ヒューマンタッチ株式会社 5つ星

 

詳細へ

 

メイテックネクスト

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社メイテックネクスト 5つ星

 

公式サイトへ

特集IT業界転職

 


キャリアアップのためにIT転職を希望する人も多いです。そのような人の中には、今までの環境を変えることでキャリアアップできるのではないかと思っている人もいるかもしれません。しかしもしそのような単純な発想でIT転職を検討しているのであれば、少し考え直した方がいいでしょう。転職をすることは、皆さんが思っている以上に大きな負担のかかるものです。会社の同僚や家族がいるのであれば家族からの反対の声も出てくるでしょうから、その説得をどうすればいいのかも考えないといけません。またすんなりと転職先が決まる保証もないのです。軽はずみに転職はすべきではありません。ではキャリアアップのためのIT転職をする前に、何を考えればいいのでしょうか?

 

→IT転職の相談・準備はお任せ

 

キャリアアップにはまずは自己分析

IT転職特集

自分が今までどのような仕事をしてきたのか、その実務経験の中でどのようなスキルやノウハウが身についたのかを確認しましょう。その上で、今後自分はどのようなキャリアを積んでいきたいのか、キャリアプランの構成をすることです。ここまで確認をして、自分のキャリアプランを実現するためには今の会社にとどまっているよりも転職した方がいいというのであれば、そこで転職を検討すべきです。
今の会社では、大きなプロジェクトは任せてくれそうにもない、会社の体質を考えた場合、これ以上のキャリアアップは期待できないという人もいるでしょう。このように自分の努力ではどうしようもない問題があれば、転職を検討すべきです。転職をする時には、将来の自分を常にイメージすることです。5年後、10年後の自分がどうありたいのかを考え、その理想像を具現化してくれる可能性の高い会社はどこかという視点で転職活動をすれば、理想に近い転職先が見つかります。

 

→キャリアアップを目指したIT転職なら

 

IT業界への異業種転職

異業種転職をして、視野を広げてみたいと思っている人もいるでしょう。異業種転職といわれると、言葉の感じは良いですが、簡単に言ってしまえば未経験の業界に転職することです。中途採用する企業は、たいていの所が即戦力を求めています。つまり業界未経験者を積極的に採用したいと思う会社は、あまり多くありません。異業種転職して自分の可能性を試してみるのは結構なことですが、決して簡単に道が開けるわけではないと理解しておきましょう。
しかしIT企業に関しては、異業種転職を積極的に推し進めている所も多いです。IT業界を見てみると、慢性的な人材不足の状況に陥っている会社は多いので、とにかく人材を確保したいと躍起になっている会社も少なくありません。一般的に異業種転職は、20代のような若い人材を求める傾向があります。最初の内は社員教育をして業界の知識やスキルを学ばせて、一人前に育成します。20代であれば、多少育成に手間取ったとしても、そこから長く働いてくれる可能性が高いので、雇う価値はあります。30歳を超えてくると、人材育成にあまり時間をかけられないので、避けられる傾向があります。
しかしIT企業の場合、30代でも異業種転職を認めている所は多いです。30代で別の業界でも、いろいろな経験を積んでいる人であれば、いい待遇で迎え入れられることもあるくらいです。ただし、今までの経験が生かせるように同じ職種で、IT企業へ転職しましょう。たとえば、営業経験のある人は同じIT企業の営業スタッフとして転職すべきです。IT企業の中には、スタッフの少ない会社も多いです。このような会社の場合、教育制度が整備されていないので、入社していきなり自分である程度動かないといけないケースもあるからです。

 

IT転職エージェント


このページの先頭へ戻る